元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

絶対迷宮秘密のおやゆび姫「狩人リューン」ネタバレ

〜絶対迷宮秘密のおやゆび姫〜
●狩人リューン(cv小野友樹さん)
人とあまり関わりを持たず、自由気ままに旅する狩人。 他人と交わることを避けて生きてきたが、 風の導きによっておやゆび姫の旅に同行することになる。 マイペースで掴みどころがない。
※1周目から攻略可能。

f:id:pinkve:20200501101854j:plain
※「絶対迷宮秘密のおやゆび姫」のバナーに使用されている画像の著作権は、花梨エンターテイメントに帰属します。


→管理人のリューンのネタバレ感想はこちら←


〜絶対迷宮秘密のおやゆび姫、リューンルートネタバレ〜
故郷の村を失いマッチ売りと旅に出たおやゆび姫が一番最初に出会ったのが、狩人のリューンだった。
森でオカリナを吹いていたリューンは森をよく知る旅人で、優しい好青年だった。そのため何も知らないおやゆび姫達にいろんなことを教えてくれて、森の中に住む霧の魔女レーヴァの所にも連れて行ってくれた。
レーヴァの話により、おやゆび姫は元の姿が小人であることや、息吹の魔法使いヴァルファにより15歳まで大きくなれる魔法をかけられていたこと、霧花の雫を飲めばまた大きくなれること、そして闇夜の月に狙われていることが分かった。レーヴァはリューンに魔法の弓矢を渡し、なんとリューンは闇夜の月に向かって弓を放った。すると浄化された月は正常の月に戻っていった。
月の監視がなくなったうちに霧花を探すことになるとリューンもまた共に探してくれることになった。リューンがいてくれる旅は心強く、他にもたくさんの仲間ができ、海の魔女ヴァーサに出会った際、霧花の雫を作ってもらえたおやゆび姫はまた元の大きな人間の姿に戻ることができた。
しかしその効果は完全でないためおやゆび姫はさらに旅に出ることとなると、リューンは一度共に故郷のエルフの国に行こうと誘ってくれて、仲間と別れこれからは二人旅をすることになった。
実はエルフのハーフであったリューンの故郷は絶壁の山の上にあり道中とても苦労した。リューンは優しく何度も励ましてくれたためたくましさを感じで頼もしかったが、途中で休憩した洞窟が寒く、おやゆび姫が寒がっていることにいち早く気付けなかったリューンは落ち込み始めた。実はリューンはエルフのため人間とは感覚が違って些細なことに気づきにくい。おやゆび姫に辛い思いをさせたくなかったのに気付けなかったことがショックで落ち込むが、おやゆび姫は「失敗するのは誰でも同じ」と言って微笑み手を握ったからリューンは救われた。
そしておやゆび姫もまた、温めるために抱きしめてくれるリューンにドキドキした。
そして二人は無事に山頂に着いた。するとそこには空飛ぶ舟である「方舟(アーク)」が降り立っていた。そう、それこそがエルフの故郷で、10年単位でここに降りてくるのだと教えてくれた。
そんなちょうど10年目に降り立った方舟に乗ると、リューンがエルフの長であるフリングの息子であることがわかった。リューンの本名はリューヌラシルだということや、実は217歳であることまで分かって驚きの連続だったが、さらに驚いたのは方舟には多くの研究者であるエルフで溢れかえっていたことだった。
エルフは昔、その研究の力で天候を操ろうとしアトランティスに近づき神の怒りを買ってしまった。そのため一晩でエルフ達は海に飲み込まれてしまったが、貴族達一部がこの方舟で逃げたため海に残ったエルフ達は海から離れられない呪いのため人魚となった。
そう、人魚は元はエルフだったのだ。
そして助かったエルフ達は更に研究を重ね、このような体制になっていった。
科学の種族であるエルフ達は新しいことが大好きで研究熱心なため珍しい生き物であるおやゆび姫に興味津々だったが、リューンに関しては親友であるリゼルという男以外は一切誰も近寄ってこなかった。
その理由は、エルフの長寿さが原因だった。何百年も生きるエルフは常に刺激がないと長い年月に疲れ生きる活力を失ってしまう。だからエルフは「方舟の心臓」と呼ばれるミーミルの樹の周りで定期的に眠る。エルフ達は眠りながら樹に魔力を送り、その魔力が原動力となり方舟は空を飛ぶ。そして数十年や数百年眠ってから起きると文明はとても進化し、また刺激を受けて生きていける。
エルフが常に誰とも交わらず、論理的に動いているのはこれが原因だったのだ。
しかしリューンはハーフエルフ。エルフ特有の論理感も、人間のように時に従って生きるのも出来ない。同じ姿のままずっと一人で生きていたことを知ったおやゆび姫は切なくて、リューンの力になりたいと思えた。
そんな時、なんとおやゆび姫を狙っていた元凶であるヌードキングの手下のディーラとガルーシェが方舟を襲ってきた。大勢のオオトカゲの兵士までが現れエルフ達は応戦したものの、ミーミルの樹とエルフ達を繋ぐケーブルを切断されてしまい方舟が制御できなくなってしまう。
リューンは一人戦おうとするものの傷つき、おやゆび姫はそれを早く助けたくて魔力を繋げるために切れたケーブルを素手で掴んだ。すると一気に全身に魔力が駆け抜け物凄い痛みが全身を襲った。リューンがやめろと叫んだが、おやゆび姫は「リューンの大切なものを失わせたくない、もう故郷がなくなるのはいや」と叫びケーブルを繋ぐことに成功。リューンも敵を倒し、方舟も持ち堪えたものの、おやゆび姫は力を失いおやゆびサイズに戻ってしまう。
リューンはおやゆび姫に駆け寄ろうとしたがそこにガルーシェが立ちはだかった。なんとガルーシェの正体はダークエルフであり、エルフに効く特製の弓でリューンを攻撃した。リューンはボロボロになり動けなくなるが、ガルーシェが今度はおやゆび姫を攻撃し始めるとリューンは怒り狂い自らの腹に刺さった弓を引き抜いた。痛みと血だらけになりながらもガルーシェに自らの弓を向け「彼女を離せ、彼女を守るためなら僕は死神にだってなれる!」と叫んだ。そこにミーミルの魔力と、おやゆび姫の魔法が合わさり、リューンの放った矢はガルーシェを吹き飛ばしたのだった。
無事だった二人は駆け寄ったが、おやゆび姫はリューンに縋り付きながら泣いた。「あんな無理をしないで、あなたが好きだから、大事にしてほしいから平気な顔をしないで」と叫ぶとリューンは「君の笑顔を失ったらと考えたら我慢ができなかった、好きだから守りたかった」と言って気を失ってしまった。
数週間後、リューンは方舟の研究の薬ですっかり元気になり、父とも和解し、二人はまた人間界に戻ることにした。父はおやゆび姫がエルフの恩人だといい、エルフの研究をかけて大きくなる薬を必ず作ると約束してくれた。
方舟を降りるとリューンは自分の母の話をした。幼い頃母に会いたくて一人でこっそり会いにいったが、母にはもう他に家族と子供がいた。しかしリューンの存在に気付いた母はオカリナを吹き「風の乙女の唄」という曲を弾いた。これはいつもリューンが吹いているあの曲で、母がリューンに唯一送ってくれたものだったのだ。
そしてリューンはその後も母に会いにいったが人間である母はあっという間に死んでいた。そのことから生の長さの違いに絶望していたリューンは、今またおやゆび姫との共存に恐れているのだ。おやゆび姫に悲しい思いをさせたくないから。
しかしおやゆび姫は小さな体を背伸びしてリューンにキスをした。そして「貴方も痛みもない世界と、貴方と痛みの両方がある世界、どちらか一つ選ぶなら迷わず貴方のそばを選ぶわ」と言った。それに私は他の人間と違うから長生きするかもとわざとお茶目に言ったおやゆび姫の言葉にリューンは涙を流し、ありがとうとキスを返した。
その後、遂に薬が完成したと方舟から魔法の瓶が届いた。月夜の綺麗な空に浮かぶ方舟の下、薬を飲めばちゃんと体が大きくなった。しかもその薬は10年しか持たないから10年経ったらまた方舟に来いと手紙がついてた。わざと会う口実をつけてくる父は策士だとリューンは笑いながら自分の帽子をおやゆび姫に被せた。
おやゆび姫が帽子のせいでリューンの顔が見えないのをいいことに、リューンは照れながら「10年後に父さんに一番うまい酒を持っていくよ」と叫ぶ。
帽子をそっと上げてくれるリューンと目が合うと、キスをしたリューンは強く抱きしめてくれた。熱く優しい熱にドキドキするおやゆび姫に誓ってくれるリューンは「一番愛おしい君に生涯の愛を誓う」とまたキスをした。
キラキラ光る方舟の下、キラキラ輝く二人の笑顔が輝いていた。





↓リューンの感想ネタバレ有り↓



〜絶対迷宮秘密のおやゆび姫、リューンの感想ネタバレ有り〜
1周目に攻略したリューン。なのでこのソフト自体初めてだったのでとても時間がかかりましたが、共通がとても長いので本人のルートは2時間くらいでクリアできたのかも?
そんなリューンですが最初の印象は大人でかっこよくて落ち着いてるイメージでした。徐々に話が進むと笑顔が怖かったり、テンション低めで謎が多かったり、なんとなく人形っぽいなと思うこともしばしば。しかしそれは全て、ハーフエルフとして人の何倍も生きているせいだったということでした。
本人はなんと217才!しかしハーフエルフということでエルフにも人間にもなれず中途半端に傷ついてきたリューン。だからなんか達観した雰囲気があったということなのね‥。
そんな彼の過去を知り、彼は生きる時間の違いに怯え始めるわけですが、それに対しておやゆび姫の台詞の数々と行動が本当に良くて泣けました(ToT)方舟が墜落してしまうかもって時に体を張ったおやゆび姫が「もう故郷を無くしたくない」というのも切なかった‥。リューンのためで、そして自分のように辛い思いをしてほしくなかったんですよね〜(ToT)そして好き同士になっても時間の差があることに対しても傷ついてもリューンがそばにいる方を選ぶと言ったおやゆび姫‥リューンと同じで私も涙したわ‥(ToT)
なので最後に大きくなってのキスシーンとか甘くて綺麗で素敵でした!!幸せになって欲しいよー!!あと、おのゆーボイスの「おいで」の破壊力がヤバすぎて興奮しました!!(笑)ありがたき!!(笑)