元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

うたの☆プリンスさまっ♪Repeat LOVE for Nintendo Switch「来栖翔」ネタバレ

うたの☆プリンスさまっ♪
●来栖 翔/クルス ショウ(cv下野紘さん)
15歳、161センチ。
俺様気質のおしゃれさん。
普段、強気な発言をすることが多いが、年上、年下関係なくマスコット的に愛されている。
ただし、背丈の話は禁句。ちなみに空手が得意。
音楽は自分の才能を存分に発揮できる場所と思っている。

f:id:pinkve:20200423100748p:plain
※「うたの☆プリンスさまっ♪Repeat LOVE for Nintendo Switch」バナーに使用されている画像の著作権は、株式会社ブロッコリーに帰属します。


→管理人ののネタバレ感想はこちら←


うたの☆プリンスさまっ♪Repeat LOVE、来栖翔ルートネタバレ〜
早乙女学園に入学することになった主人公。その入学式の日に、木に帽子が引っかかって取れずにいた小さい男の子を見つけた。誰かの弟かと思い帽子を取ってあげた主人公だったがなんと男の子は主人公と同い年で同じSクラスに所属する来栖翔君だったのだ。
翔は小さくても人一倍元気で明るく、クラスに入ってもすぐに人気者になった。自らを「王子様」と呼ぶ翔が家来を募集し、主人公が立候補したことにより二人は卒業オーディションのためのパートナーとなった。
昔から消極的な主人公は友達と呼べるものがいなかったが、翔は明るく元気に勇気をくれて友達になってくれた。更にいつでも引っ張っていってくれる男らしい翔は頼りになり、主人公にも沢山の友達が出来て毎日が楽しくなった。
そんな頃、とある罰ゲームで女装をした翔があまりにも可愛かったためシャイニング早乙女から美少女モデル「小傍唯(こそばゆい)」としてデビューさせられたり、人気が出て多忙になったり遠く感じたりするが泣き言は一切言わない翔。絶対アイドルになりたい、そんな翔の強い意志には理由があった。
翔の同室である四ノ宮那月、彼は昔ヴァイオリニストとして有名だった。今はやめてしまいヴィオラを弾いているのだが、小さい頃同じヴァイオリンをやっていた翔は当時の那月に出会って腕の違いに挫折したという。幼いながらもプロになりたいと夢を抱いていた翔にとってそれはとてもショックなものだったが、そんな時テレビで「ケンカの王子様」というドラマがやっており、その主役である俳優がかっこよくて夢中になった。実はなんとその俳優はSクラスの担任である日向龍也だったのだが、翔が昔リアルで不良に絡まれた際偶然通りかかった日向が助けてくれたことがあったのだ。その時の男らしさと強さに憧れた翔は日向を目標にし、アイドルになることを決意したのだ。
夢に向かって人一倍努力し志が高い翔はキラキラしていてかっこよくて、主人公は翔にどんどん惹かれていった。
しかしそんな時、翔の双子である「薫」が学園にやってきて翔の体を心配していた。そして薫の心配は当たり、なんと翔が文化祭のダンスの時に発作を起こして倒れてしまった。
翔はなんと心臓に疾患を抱えていたのだ。
昔から体の弱かった翔を心配していた薫は元からアイドルになるのを反対していたし、学園を辞めさせて家に連れ戻そうとしていたが、翔は大丈夫だと言って聞かない。更に薫を納得させるため主人公に協力してもらい恋人のふりをし、主人公がそばにいるから大丈夫だと証明してみせた。
しかし恋人のフリをすると意識をし始める二人だったが、なんと恋のドキドキも翔の心臓には負担になった。主人公は翔が大切だから辛い思いをして欲しくなくて「もうやめよう」と言ったが翔は「逃げているだけじゃ何も変わらない、俺についてこい」と強く言ってくれた。その言葉に心揺さぶられる主人公に翔はついに「もう家来はおしまい、姫にしてやる」と言って「好きだぜ」と告白してくれた。とっくに翔に恋していた主人公は嬉しくて二人はキスをした。恋人のフリは終わり、ついに二人は本当の恋人となったのだ。
しかしやはりまた倒れてしまう翔は実は医者から「二十歳までもてばいい」と言われているほど深刻だった。しかし恋愛禁止を破ってでもお互いを助け合ってアイドルになりたいという信念を持つ二人に胸が打たれた龍也は応援してくれて早乙女に頭を下げてくれ、なんと早乙女が腕のいい医者を紹介してくれたのだ。その医者はアメリカにいるため一度検診に行く翔だったが、手術の成功率は50%と告げられた。
今までずっと明るくて強くて大人だった翔はその突きつけられた現実に、ついに本音を漏らした。主人公にすがりつき「死ぬのが怖い、死にたくない、今が一番怖い」と「ずっと一緒にいたい」と涙を流した。主人公も同じ思いだからこそ「私に不安を分けて、ずっとそばで支えるから」と抱きしめ返す。
更に龍也が昔翔に会ったことをちゃんと覚えていた話をしてくれて「強くなったな」という言葉に背中を押された翔。心配する薫も主人公という支えがいることに安心し、ようやく手術に賛成してくれて、ついに翔は手術を受けることを決意した。
そして卒業オーディションの日がやってきた。このオーディションを終えれば翔はすぐにアメリカへ行き手術を受ける。
舞台裏で覚悟を決めた顔をする翔は「ずっと輝いていたいお前の隣で。俺様の優勝、その目に焼き付けとけ」と不安を拭ってくれるような笑顔でステージへと走っていった。
エンドロール後は、大歓声の中優勝した翔。苦しい心臓を抑えながらも、龍也にも立派な男だと認められ、駆け寄る薫は「翔ちゃんは馬鹿だよ、けど良い歌だった、アメリカでもどこでも行って馬鹿と心臓治してきなよ」と笑顔で泣かれた。
そしてついにアメリカに出発の日。泣くのを我慢し見送る主人公に自分の帽子を預けた翔は「待ってて」と笑顔で旅立ち、背中が見えなくなった頃那月と薫と共に泣いた。
数ヶ月後、ついに手術を成功させ帰ってくる翔だったがなんと翔が乗った飛行機が墜落してしまう。しかし早く会いたかった翔はなんと一つ前の飛行機に乗っていたため空港に颯爽と現れた。涙が溢れる主人公に駆け寄る翔は「一生俺のもん、俺のそばで笑っててほしい」と抱きしめてくれ、愛してるとキスをしてくれた。
これからも二人は壁にぶつかることがあるかもしれないけど、ずっと隣で支えていこうと強く心に決めたのだった。




↓翔ちゃんの感想ネタバレ有り↓



〜うたリピ、翔ちゃんの感想ネタバレ有り〜
10年前のPSPでも勿論攻略した翔ちゃんですが、実はあの頃はそこまで惚れ込んで無かったんですよね。しかし今回改めてやったらめっちゃかっこよくて本当に素敵な人でした!!
序盤は他よりかなりギャグルートでめっちゃ笑えました。翔ちゃんはいじられキャラなのに凄く常識あるのでツッコミ役も出来ますからね〜(笑)なのでシャイニーもなっちゃんもハッスルしまくりでしたが、それどころかレンとトキヤも結構のってくるので面白い(笑)個人的に好きなのは体育祭でレンが騎馬戦をやるって時に「馬乗りが得意、じゃじゃ馬ほど乗りこなすのが楽しい」ってやつで翔ちゃんが「それ違う意味だと思うぞ」って突っ込んでくるのが良い(笑)翔ちゃん相手だと主人公もめっちゃボケるので色々知ってる翔ちゃん最高です(笑)
あとはやっぱり翔ちゃんといえば心臓の病気ですよね。今となってはもうその設定のこと忘れてるくらい元気な翔ちゃんなんだけど、リピではそういえばこんなに戦ってたよね(ToT)手術も50パーセントってやつ、そうだっけ!?とびびりました。半々の確率って相当怖いよね(;_;)だから手術成功して帰国ってなった時嬉しかったのに、あの飛行機墜落のやつ、いる?(笑)あれいらなかったきがすんだが!!もういいじゃないの!幸せにしてよ(ToT)
そんな感じで色々ありましたが、いつも照れながらも可愛いとか綺麗とかちゃんと言ってくれる所とか、小さいけど凄く頼りになって大人ですっごく優しいお兄さんみたいな翔ちゃんが本当に大好きです!一緒にいたら本当に楽しそうだし、男らしく守ってくれるだろうし、幸せだなと思いました!かっこいいよー!!