元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

うたの☆プリンスさまっ♪Repeat LOVE for Nintendo Switch「四ノ宮那月」ネタバレ

うたの☆プリンスさまっ♪
●四ノ宮 那月/シノミヤ ナツキ(cv谷山紀章さん)
17歳、186センチ。
温厚で物腰柔らかな好青年。
普段はなにかと天然な発言が多いが、音楽のこととなれば、とたんに天才的才能を発揮する。
本人曰く、料理が得意らしいのだが…。

f:id:pinkve:20200407112559p:plain
※「うたの☆プリンスさまっ♪Repeat LOVE for Nintendo Switch」バナーに使用されている画像の著作権は、株式会社ブロッコリーに帰属します。


→管理人ののネタバレ感想はこちら←


うたの☆プリンスさまっ♪Repeat LOVE、那月ルートネタバレ〜
(大恋愛エンド)
早乙女学園のAクラスに合格した主人公。その入学式で貧血を起こして倒れそうになってしまったのだが、助けてくれたのが那月だった。
同じクラスだったアイドル志望の那月は大きくてのんびりしていて優しい人。しかし音楽に関しては天才的でカリスマ性があり、見た目も美しく技術も圧倒的で彼の弾くヴィオラは上手すぎて聞き惚れるほど。そのため那月とペアになりたい人は沢山いたのだが、なんと那月は主人公に対して運命を感じたと言いパートナーに選んでくれたのだった。
その後、料理が殺人レベルで下手だったり、可愛いものが見境なく好きだったり、眼鏡が外れると別人のようになって凶暴になる那月に振り回される日々だったが、那月の同室であるSクラスの翔と共にドタバタと楽しい日々を送った三人。
しかし那月には抱えていた闇があった。天才ヴィオラ奏者と言われていたが数年前急に辞めてアイドルになる決意をした那月。しかしヴィオラをやるまえにも元はヴァイオリニストであった過去もある。
優しくて純粋で、でも大人のような色気もある那月は暖かい。天才の感覚の違いから自分たちとは違うものに怯えている?
一人は怖い、誰も理解してくれないのが怖かった、けれど今は主人公も翔もいるから大丈夫だと辛そうに語る那月はいったい過去に何があったのか?そしてそれがあの凶暴な那月という二重人格を生むきっかけになったのか?
心配になる主人公と翔だったが、那月は去年は普通の高校の音楽科に通っていたことを話した。しかし音楽を楽しめなくなってしまい、そんな時にテレビのアイドルを見たらとっても楽しそうで、音楽からどうしても離れられない自分はアイドルならもしかしたら楽しめるかもしれないと期待し、未練もあり、早乙女学園に来たらしい。
そんな那月を支えたい主人公は精一杯那月のそばにいた。しかしそのせいで那月は主人公への想いが大きくなり、文化祭の日の屋上でなんと「恋として君を好きになってるから受け入れて欲しい」と告白をしてきた。さらにそのままキスをしようとしてきたが主人公は早乙女から言われている「恋愛禁止」という言葉を思い出し思わず那月を突き飛ばしてしまった。すると眼鏡が割れ、なんと凶暴な那月になってしまうが
いつもと違い、自分は「那月ではなく砂月だ」と言った。そして主人公が那月を拒絶したためもう那月は出てこないと言われ、そのまま無理矢理主人公の首筋にキスをした。
それからというもの本当に那月はずっと砂月のままだった。翔達と力を合わせどうにか那月に戻そうと頑張るものの、砂月は「傷つけたお前のせいだ」と主人公を押し倒したりして酷いことをしようとした。
しかし砂月の言葉にはいつも那月を想っている言葉があった。本当に那月が大切で守っているように見えた。だから主人公は砂月も本当は悪い人では無いのでは?と思い始める。
那月は今深い闇の中にいるという砂月。誰にも理解されない孤独、羨望、妬み、嫉み、そんな全てを今まで受けてきた那月は逃避するため無の世界にいるという。しかしそれを聞いた主人公は那月がそこにいるということは、那月が前に出ている時は砂月がそこにいるのか?と思った。だけど砂月は悪い人じゃ無い、だから砂月にも幸せになってほしいと思う。
砂月の中の那月にも聞こえるように「本当は好きって答えたかったけど恋愛禁止を破って退学になりたくなかった、二人で夢を叶えたかったから」と伝えた。砂月は「那月は本当の親にさえ理解されたことがない、俺しか理解できない」と主人公を拒絶したが主人公は「全てを愛しいと思ってる、もう一度会いたい」と気持ちをぶつけた。
その後、学園のクリスマスダンスパーティーの日が訪れた。以前那月と一緒に行く約束をしていた主人公は雪の中那月が来るのをずっと待った。砂月は主人公を怒ったが、主人公は震えても凍えても待つのをやめなかった。するとそこについに那月がやってきて抱きしめてくれた。ようやく戻ってきてくれた那月は「待たせてごめん、告白聞こえてました、ありがとう、あなたの全てが大好きです」と言ってくれたのだった。
しかしそれからというもの那月は今までの分を取り戻そうと気負い、ハードな練習から倒れてしまった。何故か医師免許を持ってる早乙女が那月を診てくれたのだが、那月は繊細であり疲れると余計に精神をうまくコントロール出来ないところがあると言った。そしてその言葉通りまた砂月が現れたが、前より優しくなった砂月は那月を心配し、砂月になった時も練習を代わってくれたりと協力してくれた。すると二人の人格は上手く互いに支え合うことができ、那月と砂月は力を取り戻していた。
けれど人格の入れ替わりが多くなると疲れからか寝込んだりすることが多くなった。これは不安定な精神によるものだと思われた。砂月は自分が消えればきっと安定すると分かっていたが自分が消えた時誰が那月を守るのか?と不安になっていた。
砂月がこんなにも那月を心配する理由。ついにそれを砂月は主人公に話し始めた。
那月は幼い頃ヴァイオリンをやっていたが、その講師の女の先生が大好きだった。しかし当時から天才的だった那月は自分が作った曲をその先生に無邪気に見せた。するとなんと先生がその曲を盗作。そして裏切られたショックから砂月という存在が生まれたのだ。
盗まれた曲のタイトルが「砂月」だった。
それから精神に負担がかかると砂月が出てくるようになった。眼鏡が外れた時に砂月が出るのは視界がぼやけて心が不安定になるからだったらしい。そんな程度で不安定になる那月はとても繊細なんだと言った。
しかし砂月は主人公という存在を見て、自分が消えてもきっと那月はやっていけると確信した。だから今すぐ消えようとしていたが、主人公を前にしたら本音が漏れた。
「本当は消えたくない」そう言って主人公を強く抱きしめた砂月は「本当は俺もお前に惹かれてた。最後くらいは俺として、忘れないで」と涙を流した。主人公も強く抱きしめ返し、砂月のことを想い、そして砂月は消えた。
目の前の砂月が那月に戻ると、そばに砂月からの手紙があることに気づいた二人。そこには主人公と共に生きてほしいということと「俺は那月になれて良かった、幸せになれ」と書いてあった。その言葉に那月は初めて涙を流した。主人公は那月がいつも自分にしてくれるようにまぶたにキスをして抱きしめ、微笑みあった。
そしてついに迎えた卒業オーディション。少し立派になった那月は「夢を叶えに行ってきます」と言って眼鏡を外し、ステージに向かったのだった。
エンドロール後は、圧倒的な歌声で見事優勝を勝ち取った那月。皆から祝福を浴びて、その夜二人は屋上で星空を眺めた。
そして那月は「僕の傷も愛も全部歌に託してあなたの胸に届いたらもう一度告白しようと決めてた」と言い「愛しています、誰より深く」とキスをした。それは永久で永遠の誓いだった。
そして翌日早乙女に呼ばれた二人。優勝の副賞としてなんでもほしいものをあげると言われた那月は主人公のことが欲しいと言った。専属の作曲家にしてほしいと言い、二人の曲でデビューすることに。更に早乙女は那月の暴走を止められるのは主人公しかいないので恋愛も許すと公認してくれた。
事務所の寮で暮らし始める二人は、隣の部屋を貰った。すぐに行き来できる距離だから今日も那月の部屋に遊びに行ったが、ふいに那月がワイルドな砂月のような感じでキスをしてきた。砂月が戻ったのかと驚く主人公に那月は「今は同じ那月だ」と言う。強く求めたらこうなったと激しくキスをしてきたのだ。
穏やかな那月も、ワイルドな砂月も、どっちも含めた彼にしばらくは翻弄される日々になるだろうと幸せを感じるのだった。


↓なっちゃんの感想ネタバレ有り↓



〜うたリピ、那月の感想ネタバレ有り〜
10年前PSPでも勿論攻略してるなっちゃん。やっぱり相変わらず歌がうまーーい!!!
中の方のきーやん、そしてGRANRODEOが好きな私なのでその歌の上手さは本当にリスペクトしてますが、なっちゃんの温厚な雰囲気かーらーの、あの響き渡る通る声でのかっこいい歌ってのがまた合ってて凄くいいです!
そんな感じで久々に初期のなっちゃんの攻略したわけですが、なんか最近のなっちゃんより鼻声じゃないですか?(笑)可愛い♡
そして天然のイメージは凄くあったんですがこんなにも色気というか小悪魔だっけ!?凄くセクシーで、翔ちゃんが「天然スケコマシ」って命名してたのうけました(笑)
あと、翔ちゃんが「歌のぷりんす様」って自分のこと言ってるんですよね。あの題名は翔ちゃんが生んだのか!!!!
そしてなっちゃんといえば出てくるのが、さっちゃん。私さっちゃん前から凄い好きなんですよー!かっこいいよー!!翔ちゃんがさっちゃんに耳かじられたって言ってたの萌えた(笑)
そしてそんな二重人格に悩まされる中、那月を信じて雪の中待ってた主人公の言葉に泣けました(ToT)幸せにしたいよね(ToT)
あとはなっちゃんルートだとみんなが仲良くて楽しかったし、ずっとベタベタしてるのに全然咎められないのもうけた(笑)他キャラの時あんなにシャイニーも邪魔してたのにデビュー決まった後も那月の暴走止めるために交際を認めるって言われたし(笑)
やっぱカリスマで天才だから許されますよね!!素敵ですー!!!