元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

幻想マネージュ「セルジュ」ネタバレ

●セルジュ(cv梅原裕一郎さん)
27歳、182センチ。
レーヴ移動遊園地の経理担当。ヒューゴに助けられたことからヒューゴ第一主義に。基本的に彼のいうことには逆らわない。
クールで滅多に感情を表に出さないため、一部の人間から怖がられている。自分に他人にも厳しく、自分に甘い人間を嫌う。

f:id:pinkve:20200224193402j:plain
※「幻想マネージュ」のバナーに使用されている画像の著作権は、MAGES.およびLOVE&ARTに帰属します。


→管理人ののネタバレ感想はこちら←


〜幻想マネージュ、セルジュルートネタバレ〜
f:id:pinkve:20200224193431j:plain
(※「幻想マネージュ」のバナーに使用されている画像の著作権は、MAGES.およびLOVE&ARTに帰属します。)
ヒューゴの頼みでレーヴを解放することになり、そしてレーヴで働くことになった主人公。そこで出会ったのがヒューゴの第一補佐であるセルジュだった。
セルジュは真面目で無愛想で言い方が冷たかったが、彼が奏でるピアノの旋律はとても優しくて美しかった。
そんな頃主人公が倉庫の片付けをしていると、近くにあったオートマタが倒れてきてしまう。そこに偶然いたセルジュが体を張って庇ってくれたため怪我はなかったのだが、オートマタを受けた右腕を見て驚く。なんとセルジュの右腕は義手だったのだ。
しかもそのせいで義手が故障してしまう。遊具技師もしているヒューゴがその義手を作ったため修理をしてくれることになったが、部品が届くまで時間がかかるため、主人公はしばらく不便になったセルジュの補佐をすることとなった。
自分のために怪我をしてしまったセルジュのために頑張ろうと思う主人公。そんな生活が続けば主人公の健気な姿にセルジュも笑顔を見せてくれるようになる。
更に辛いものが好きというセルジュのためにラタトゥユを作って食べさせてあげると、喜んだセルジュは毎日料理を作って欲しいと頼んできて、二人の距離は近づいていった。
そして義手の部品が届く日が来るとヒューゴは万が一のために主人公にも義手の修理を覚えて欲しいと言い、主人公は修理を任されることになった。
緊張しながらも義手に触れ修理を覚えていき、何度も手入れをするうちにセルジュはレーヴに囚われた理由を話してくれた。
6年前、偶然レーヴの前で馬車に轢かれそうな子供を助けたセルジュは逆に轢かれてしまい右腕は大怪我をして心臓は止まった。ヒューゴはそんなセルジュを見て助けなければと思いレーヴの中に運び、なんと機械の右腕と心臓を作ってセルジュに移植したのだ。しかもその上レーヴの魔法がかかり奇跡的にセルジュは生き返ったのだが、魔法がないと心臓は止まってしまうためレーヴから出られないということ。出られても2、3時間経てば魔法が消えてしまうため、レーヴから出ることは死ぬということだった。
その話を聞けば解放はイコール、セルジュの死を意味していた。しかしセルジュはこの6年がむしろ奇跡であり本当は死んでいたと、ヒューゴのおかげでここまで生きられたことに恩を感じているからヒューゴが望むなら解放されてもいいのだと言った。
そんな頃ちまたではハーメルン事件という事件が噂されていた。人が拐われ消えてしまうというものだったのだが、レーヴは魔法で死人の魂を引き寄せる力があるため偶然に死んだ人がレーヴの近くにいることが多く、その理由が知らない軍人からハーメルン事件の黒幕だと疑われ始める。
セルジュは実は元はフランス陸軍の軍人であったため元同僚のジルがそのことを教えてくれたが、そんな努力虚しくレーヴは確保される命令が出たためヒューゴ達は解放を諦め捕まる前にブランブールから去ることになった。
主人公はセルジュに分かれるのが寂しいと伝えるとセルジュも同じだと言い三本の薔薇の花束をプレゼントしてくれた。三本の薔薇の花言葉は「愛しています」という意味だったが、セルジュはそのことを知らなかった。主人公が意味を伝えるとセルジュは「そう捉えてもいい」と言ってくれたが、二人はそのままお別れとなった。
レーヴがブランブールを去って数日が経った頃、なんとジル率いる軍人が主人公をレーヴの関係者の容疑者として逮捕しに来た。しかし捕まる直前でセルジュが一人助けに来てくれたため二人はどうにか逃げたが、アルノーの情報によると軍は魔女狩りをしておりその事実をもみ消すためにハーメルン事件のせいで人が消えているという事にしていたのだ。更に軍が昔使っていた廃墟でその魔女狩りが行われていると掴んだ。
セルジュは一人そこに乗り込もうとする。主人公を助けるためなら心臓が止まってもいいと言ったが、主人公は「何もわかってない」と言ってなんとセルジュの胸ぐらを掴んで怒鳴った。「私があなたを守って傷ついたらどう思う?あなたが思うように私もあなたを大切に思ってる、好きだから、大切だから」主人公のその言葉でハッとするセルジュはようやく理解した。自分がしていたことが主人公を悲しませることなのだと。
納得したセルジュと共に二人で廃墟に乗り込む事になったが、ジルと軍人に捕まってしまう。拷問を受けるセルジュだったが主人公が義手に魔法をかけパワーを上げて軍人をなぎ払いどうにか逃げるものの、この廃墟にきっと魔女狩りの証拠があると思い探す事に。そしてついに見つけたのは軍が魔女を集めて戦争のための実験をしていたというリストだった。
そこに立ちはだかったのはジルだったが、ジルはもう争うのをやめた。セルジュという親友の大切な人を奪えないといい、証拠を全て公にして欲しいと言った。何故セルジュを裏切っていたかというと実はジルは弟を人質にされ脅されていたという。しかしもとより正義感の強いジルは辛く、そして勇気ある二人の姿に本来の自分を取り戻していた。
その後、軍の穏健派を頼り無事終息、つかまっていた魔女達は助けられた。そして主人公のリークにより軍の過激派は捕まりレーヴの疑いが晴れたためまたレーヴはブランブールへと戻ってきた。
落ち着いた頃、約束通りレーヴを解放することとなった。マネージュの前で最大の魔法を使うとレーヴは光に包まれ解放され、全て消えていく。残されたのはマネージュとオートマタと、そしてセルジュとクリエのみだった。
他の人たちは魂だったというクリアは行くところがあると言って去って行き、セルジュと二人に。そして主人公は今日伝えたかった言葉を口にする。
ずっとセルジュの心臓に魔法を送り、ずっとそばにいたいと。
するとセルジュは微笑んで「愛してる」と言い「一生そばで生きて欲しい」と言ってキスをしてくれた。主人公は「私の全部をセルジュさんにあげます。だからセルジュさんを私にください」と伝えセルジュは「あなたにならいくらでも」と返し、さっきよりも長いキスをしてくれたのだった。
エンドロール後は、三ヶ月後。
なんとセルジュは残ったオートマタの技術で義肢の店を開いていた。その繊細で確かな作りの義肢は評判を呼び、店は軌道に乗り始めている。安定を感じたセルジュはようやく主人公に切り出せると覚悟をし「将来結婚して欲しい」と言ってくれる。その言葉が嬉しい主人公は「喜んで!」と言って飛びついた。
一生そばにいてと甘える主人公にセルジュは「プロポーズには12本の薔薇を送ろう」と言った。花言葉の意味はそう、
ーー私の奥さんになってください。



↓セルジュさんの感想ネタバレ有り↓



〜幻マネ、セルジュの感想ネタバレ有り〜
幻マネの眼鏡キャラ担当のセルジュさんですが見た目通り真面目な方でしたね。真面目すぎて物凄く不器用(笑)ハッキリしていてオブラートに包むことは知らず、何度も傷つけられた俺(笑)と、言うか俺ならキレちゃうよおおおお(Σ○Д○;)主人公いい子だから頑張ってるけどさ!?言い方ってもんがあるやんけ!不器用じゃすまされねぇよおおお!!(笑)
が、意外と単純で胃袋を掴まれたりと中々ちょろくて可愛い一面も(笑)そんな一面を見たら惹かれましたけど、もうちょっと女心の勉強してほしいですね(ToT)(笑)
しかし中々想像より重かったセルジュさん。義手ってだけでも衝撃でしたが、そのスチルまであってビックリ。中々乙女ゲーでは無い設定なので凄く気になりました。しかもその義手を初めて見た主人公が「綺麗」と言ったことが私的に凄くグッときまして、この子って本当いい子だなって涙が出ました。むしろセルジュさんより好き!!(ToT)(笑)
しかしセルジュさんの心臓の話を聞くと、他キャラの解放の時彼の心臓止まったのか‥と切なくなる(;_;)まぁ他キャラも色々あるのですでにヒューゴさんをクリアしてる俺はヒューゴさんのことも悲しくなりましたけども!
しかしその後の話、二人で義肢の店を開くというのが素敵でした!服が私服になってシックな感じのセルジュさんが凄いかっこよくて大きい彼に抱きしめられるスチル凄く良かったです。
でもセルジュさんエンドは主人公が魔法使えなくなったらどうなんのやとか、主人公が先に死んだ場合セルジュさんも生きられなくなるやないのとか、余計なことを考えちゃってドキドキしました(Σ○Д○;)
他の魔女の知り合い、探しとかないと!!!!(笑)