元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

Code:Realize ~彩虹の花束~ for Nintendo Switch「ショルメ」ネタバレ

●エルロック・ショルメ(cv村上和也さん)
スコットランドヤードの協力要請を経て、ロンドンへとやって来た探偵。知力・体力どちらも非常に優秀であり、常に冷静。仕事とプライベートをはっきりと分けるタイプ。宿敵との再会を果たし、彼はまた事件の渦中へと飲み込まれる。
f:id:pinkve:20200220194646j:plain
※「Code:Realize ~彩虹の花束~ for Nintendo Switch」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社およびデザインファクトリー株式会社に帰属します。


→管理人ののネタバレ感想はこちら←


コードリアライズ、ショルメルートネタバレ〜
f:id:pinkve:20200220194625j:plain
(※「Code:Realize ~彩虹の花束~ for Nintendo Switch」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社およびデザインファクトリー株式会社に帰属します。)
※本編ルートで主人公がホムンクルスであると分かってからの話。
自分が本当に人間ではなかった事でルパンたちに迷惑がかかると思い屋敷を出た主人公だったが、なんと巷で噂の切り裂きジャックに捕まってしまう。殺されそうになる中、偶然助けてくれたのが町医者の「ジョン・H・ワトソン」だった。
ワトソンは気の良い青年で、主人公が帰る家がないと知ると自分の家に連れていってくれたのだが、その家で見つけた写真にショルメが写っていることから知り合いだと話すとワトソンは驚く。その男はシャーロックホームズだと言い、ワトソンの親友であるホームズは死んだと言ったが、主人公は以前行ったことがあるショルメの家へと案内した。すると出てきたショルメとワトソンは顔を合わすことになったが、やはりショルメはシャーロックホームズ本人で、とある犯罪者を追うために死んだことにしてショルメと名乗っていたのだった。
ある犯罪者が切り裂きジャックと繋がっていると踏んでいるショルメはつながりがある主人公をショルメ宅にかくまってくれることになり、3人は自ずとショルメ宅に集まるようになった。
紳士で頭が良くてスマートなイメージだったショルメだったが、実は整理や掃除が出来ない不器用な面があったりと、思ったよりも付き合いやすかった。更に共に暮らす上でどうしても言わなければならない毒の話にも怖がらずにいてくれた。
そんな生活が続くが、中々切り裂きジャックが見つからないため主人公はおとりになると言った。昔のエレインとの過去の話をし、償いになるならばと思ったから。しかしショルメは「許すのは君でも私でもない、だが君はもう皆の心に宿ってる。君が死んだら悲しむ人がいる」と言って抱きしめてくれた。
そうやって切り裂きジャックを捕まえると、ついにショルメが探していた宿敵を見つけることができた。それはなんとアレスターだった。そしてアレスターもまた名を変えており、昔の名は「ジェームズ・モリアーティ」。
アレスターに逃げられたがその後が大変だった。なんとアレスターがテロを起こし、ヴィクトリア女王レオンハルトが死んだのだが、その犯人として主人公とショルメとワトソンが指名手配に。ルパン達がピンチに助けに来てくれたものの、ショルメは「ワトソンから幸せを奪った罪がある」と言って自ら一人アレスターのもとへ行ってしまった。
そしてワトソンは昔の話を口にする。
昔ショルメは沢山の犯罪を暴いていたが、その中でもアレスターは極悪。そしてなんと警告としてショルメの大切なもの、そう、親友であるワトソンの妻のメアリーを殺されたのだ。それから人を巻き込みたくなくて罪を償いたくてショルメは一人姿を消していた。
その話を聞いて主人公はショルメの罪を共に背負いたいと、彼を好きだと自覚。ショルメを助けるため力を貸してほしいとルパン達に頭を下げ、ワトソンはショルメを殴りにいくと言った。
ルパンはそんな二人の気持ちを察しており、切り札だと言って連れてきたのはなんとヴィクトリアとレオンハルトだった。二人はルパンに助けられ生きていたのだ。
バッキンガム宮殿を占拠しているアレスターのもとに潜入する一同。そこにショルメもやはりいた。主人公はショルメを見つけると歩み寄って頬に平手打ちをした。一人で行ってしまったショルメに喝を入れるが、無事で良かったと微笑む。
しかしアレスターがヴァンに秘密裏に投与していたヒドゥンストレングスを覚醒させヴァンが襲ってきたり、主人公のホロロギウムの覚醒の鍵というペンダントを近づけホロロギウムを賢者の石にして猛毒にしようとする。
賢者の石の覚醒を止める薬を作ってあるというアレスターはなんと自害。もはや薬はどこにあるかわからなかったため主人公は猛毒になる前にショルメ達に逃げてといった。しかしショルメは離れないと主人公を抱き締める。するとなんと抱きしめた手に当たった感触を探るとなんと主人公の服にアレスターが薬を隠していた。
そのため奇跡的に毒を停止することに成功したショルメと主人公。ルパン達はイギリス国民にヴィクトリアの無事を知らせ、平和が戻った。
エンドロール後は、汽車に乗る二人。
ウェールズへ戻ってエレインの娘のエティに謝りに行くため、ショルメも一緒についてきてくれた。寄り添ってくれるショルメは言った。毒を消し去る方法を必ず見つけようと。
「この名探偵シャーロックホームズの名にかけて」
そう言ってくれるショルメと一緒ならきっと幸せになれると微笑んだ。



↓ショルメの感想ネタバレ有り↓



コードリアライズ、ショルメの感想ネタバレ有り〜
本編でかっこいいなと思ってて、FDで攻略できると知った時は嬉しかったショルメさん。実際攻略してみたら本編の途中からの分岐のような流れで凄くいい作りになってました!
他のキャラ達と同じくらいの内容もあり、最後も同じような感じの結果になりまして、中々良かったんですがやはり本編で何度も他キャラクリアしたあとなのでちょっと疲れました(^◇^;)相変わらず毒消えなかったしね!!
しかしルパン達とのマンネリと言いますか、違う場所での生活が始まる感じは良かったです!メンバーもワトソン君という新キャラがいたのも良かったですー!