元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

ノルン+ノネットアクトチューン「吾妻 夏彦」ネタバレ

●吾妻 夏彦/アヅマ ナツヒコ(cv小野大輔さん)
22歳、182センチ。全てをゼロにしてしまう『リセット』と『リセット』のための能力を持つ者を嫌悪する青年。 元は『世界』側の人間で、アイオンに対抗するために『世界』から離れ、ロンと雪と手を組む。 機械に強く、発明が得意だが、本当は星の研究がしたいと思っている。 真面目が一周して天然なところも。
f:id:pinkve:20191205100236j:plain
※「ノルン+ノネットアクトチューン」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。


→管理人ののネタバレ感想はこちら←


ノルン+ノネットアクトチューン、夏彦ルートネタバレ〜
f:id:pinkve:20191205100251j:plain
(※「ノルン+ノネットアクトチューン」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。)
memoria
(エクストラ1)
結婚をし、夏彦は天文学の研究者に、そして主人公は妻となって支える日々。
しかし天文台をオープンするにあたり研究に没頭して休みを取らない夏彦を皆心配していた。仲間たちが「たまに休んで奥さんと過ごしては?」と心配する言葉をかけてくれたことによりやっと休みを取った夏彦だったが、休んでる間はずっと主人公の家事の手伝いをしてくれて、二人で穏やかに過ごした。
せっかくの休みを手伝いに使ってしまい申し訳なく思う主人公に対し「お前に逃げられないようにたまには手伝いたい」という夏彦。お前が家のことをしっかりしてくれるからおかげで研究に没頭できるけど、自分がお前に頼っているようにお前にも頼られる男になりたいと言ってくれた。
優しい声で名を呼ぶ夏彦。それは二人がゼロの距離になる合図だから自然と二人の影は重なっていく。
心地良いこの隣を、どちらも必要として幸せを感じていた。
(エクストラ2)
あれから二人の間に子供が生まれ、子供は一歳半になっていた。主人公はとても幸せな日々を感じていたが、その幸せを感じると夏彦の家族にも夏彦が幸せであると伝えたいと感じる。
そう、夏彦の唯一の肉親である凪沙に夏彦の幸せと子供ができた報告をしたいと考えていた。
しかし夏彦に素直に話したところで了承されるとは思えず秘密裏に雪に頼んで凪沙に連絡をしてもらうことに。凪沙が来てくれるかどうかはわからないということだったが、なんと凪沙は危険を承知で来てくれたのだ。
顔を合わせた夏彦と凪沙。堅い二人はせっかく会えたというのにいがみ合いが始まったが主人公の説得で息子に会ってもらうことに。すると息子を前にした凪沙は優しい笑顔を見せた。その表情に驚く夏彦だったが、息子が「おねえちゃんだあれ?」と聞くと凪沙は「夏彦の姉です」と答えたため余計に驚いた。
家族であるという意思を含んだその言葉は夏彦の胸に響いていた。
その後またいつもの真顔に戻った凪沙は帰っていったが夏彦はなんだかいつもより喜んでいるように見えて、きっとこれからもっと二人は良くなる予感がする。
子供が与えてくれた奇跡に、二人は感謝したのだった。

(スクール1)
ノルン学園に転入希望の男子「雪」がやってきた。彼は偉い人の息子なので普段から成績優秀な主人公と、吾妻先生が案内役になることに。
しかしやってきた雪は変態で主人公に盗聴器を仕掛けたりし、怒った吾妻先生は雪に銃を向け発砲。もちろんノルン学園には転入できなくなった。
「今後俺以外の男から物はもらうな」という吾妻先生の言葉にドキドキする主人公なのだった。
(スクール2)
学園の放課後火の玉のお化けが出るという噂が流れた。怯える主人公だったが吾妻先生に放課後残れと言われ仕方なく待つことに。
しかし一向に現れない吾妻先生。外は真っ暗になり不安になったため一人校内を探すとなんと火の玉を見てしまう。絶句した瞬間後ろから名前を呼ばれ叫んでしまった。しかし名を呼んだのは吾妻先生だったためホッとした主人公は思わず涙を流して抱きついてしまった。心配する吾妻先生は優しく抱きしめ返してくれたため、安心した。
そして遅れて悪かったという吾妻先生は瓶を取り出し星のように発光する物体を見せてくれた。これを見せたくて待たせていたが出来上がったものを落として割ってしまい、再度作り直していたため時間がかかったらしい。
怖い思いをしたけれどその物体はすごく綺麗で、しかも優しく手を繋いで送ってくれるという吾妻先生が「守ってやる」と言ってくれたから怖い気持ちはもう何処かに行っていた。


↓夏彦の感想ネタバレ有り↓



ノルン+ノネットアクトチューン、夏彦の感想ネタバレ有り〜
メモリアをやりましたけども、とても短いですね。エクストラでは天台の研究のラストイーラのとある一日中みたいな感じの話でしたが、相変わらず夏彦の話がツマンネェ(笑)堅物すぎてやばいし、家事手伝ってくれて終わりました(笑)うける(笑)けど凪沙さんの話は結構グッと来て涙出ちゃいましたね〜やっと和解が近づいてきたのかなと思えました。
そしてスクールなんだけど期待してたのに茶番とかギャグって感じなのかなぁ?甘いの期待してたけど設定簡単だしそこまで凝れないよね。しゃーないかな。夏彦の先生スーツ姿は結構良きで抱きつきスチルはニヤニヤしましたが!
夏彦はいつも堂々と主人公は俺のものって感じの主張なのが好きなんですけど、冷静すぎるのでたまに暴走してくれたらいいのにな〜と思います。クールすぎるのでね!熱くなった所とか見たいよねー!でも雪とのやりとりは好き(笑)