元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

神凪ノ杜 五月雨綴り「旭」ネタバレ

●旭/アサヒ(cv江口拓也さん)
主人公の祖父に使役されている式妖。口数が多くなく冷たそうにも見えるが、心優しく穏やかな性格。主人公を雨月村の祖父の元へと連れていく。

f:id:pinkve:20191027105045j:plain
※「神凪ノ杜 五月雨綴り」のバナーに使用されている画像の著作権は、株式会社ワークマンmatatabiに帰属します。


管理人ののネタバレ感想はこちら


〜神凪ノ杜、旭ルートネタバレ〜
母が亡くなった時辰蔵の代わりに迎えにきてくれた妖である旭。辰蔵の式妖であり、無表情で従順で強い妖だった。
辰蔵の家で暮らすようになり、ある日突然記憶がなくなってしまった主人公。とある人物にの侵食を止めようとして影響され、禊をしたため記憶を失ったと聞いた。なので何も分からなくなった主人公の世話役として旭がつけられることになった。旭は優しいし真面目で頼りになったが、何故か壁を作っている感じがした。
しかし一緒にいる時間が長くなると主人公が不安な時など慰めてくれたりと優しさを感じたのだが、主人公と一緒にいるとふと悲しいような辛いような表情をするのが気になった。
記憶がないため休学をし、よろず妖屋で働くことになった主人公だったが、その時の依頼で学校の友人である紬と再会することになった。紬はサカキという神と恋に落ちていたのだが、サカキは老い先が短く、そしてそばにいるものに悪影響を及ぼす気を放っていたためそばにいた紬の具合が悪くなっていた。しかしサカキを愛する紬はそれでも最後までそばにいたいと離れないでいるのだった。
そんな二人を見守る小さな妖がいたのだが、主人公はその妖達から「旭を信用するな、式妖である旭には心がない、信用すると痛い目を見るぞ」と忠告された。その小さな妖達は以前旭に住処を奪われたことがあるため恨んでいたのだ。旭がそんなことをするとは思えない主人公だったが、他の小さな妖が旭に仕返しだと襲いかかってきた。旭は客の依頼で確かに住処を壊していたため、怨まれるのは仕方ないと、なんと自分の腕を斬った。謝り、これでいいかと言う旭に場は収まったものの、感情がない行為と自分を蔑む旭にショックを受けた主人公は旭の腕を手当てした。旭は素直に手当てを受けていたが、主人公に優しくされればされるほど辛い顔をして何かを抱えているようだった。
それから主人公は、辰蔵が妖の事情など聞かずに依頼を受けていることがわかり、そうなれば辰蔵の命令は絶対である式妖の旭は依頼をこなさないわけにはいかず妖に嫌われ怯えられていることが分かった。だから主人公は旭を自由にしてあげたいと思い辰蔵に頼んでみることにしたのだが、辰蔵から帰ってきた言葉は妖をモノとしてしか見ていない発言だった。
辰蔵は妖が幼く何も分からないうちに自分の式妖として契約して言うことを聞かせていたのだ。旭は役に立つモノになったという辰蔵の言葉に心はなく、主人公は旭の方がよっぽど心があると思えた。しかし辰蔵は主人公に対し、妖に情を抱くな、人とは違う、頭を冷やせと冷たく言ったのだった。
旭は部屋の外で偶然にその話を聞いていたが、主人公の優しさに心打たれ「ありがとうございます」と静かに言った。
その後、旭が怪我が治ってもまだ主人公が巻いた包帯をしており、主人公が巻いてくれたのが嬉しかったから外したくなかったと言ってくれたり、紬とサカキから大切な人への愛情を学んだりと、二人の距離はどんどん近くなった。主人公は旭といると安心できると心から思えていた。
しかしそんな時辰蔵から衝撃の事実が語られる。なんと南条家は百年前の巫女である南条文乃が水害を収めるために龍神の生贄になっており、村人を助けるため村人と同じ数だけ生まれ変わったごとに生贄になるという契約をしていた。そしてその今回の生まれ変わりが主人公だったのだ。辰蔵は生贄にするために主人公をこの家に招き入れたのだ。
16歳で必ず生贄になるという儀式はもう間近だった。その話をされた主人公は部屋に監禁され、見張として旭がつけられた。旭はこのことを知っていたのだ。主人公は裏切られた気持ちで傷つき、その悲しみの大きさから、旭を好きになっていたことに気づいたのだった。
しかしその夜、旭は主人公の部屋へ訪れ、なんと二人で逃げようと言ってくれた。主人公は嬉しくて旭に連れられ山へ逃げたが追ってきた高耶に追い詰められてしまう。どうにか高耶を撒いたものの、高耶は撒く直前に主人公の記憶を戻す術をかけていたため主人公の記憶が徐々に戻ってくる。
そして山の中旭と二人でいる時完全に戻った記憶は、高耶に無理矢理記憶を消されたシーン。なんと主人公は記憶を消される前に聞いてはいけない話を聞いたから記憶を消されていた。その内容は、旭が主人公の母を殺した、という内容だった。
カッとなった主人公は旭を問い詰めた。すると旭は「本当の話だ」と悲しく声に出した。逆上した主人公は旭を押し倒し持っていた短刀を喉に当てて刺しかかった。嘘だと言ってと言いながら涙を流す主人公に旭は嘘ではないと悲痛な顔を歪ませる。「人殺し!母を返して!」と泣きじゃくりながら短刀に力を込める主人公だったが、愛した旭を殺せず、ただ声を上げるしかなかった。
暗闇の山の中、二人は何も話せずにいた。しかし主人公が忘れていた記憶のもう一つが思い出される。
旭と主人公は幼い頃辰蔵の屋敷で一緒に過ごしていたのだ。旭は主人公の両親の事も大好きで、主人公のことも大好きだった。しかしある日母の都が何か罪があり捕まる前に主人公を連れて逃げたのだった。辰蔵は主人公と都を探すために旭と高耶に二人を探せと命令していた。そして三年前旭は主人公を見つけていた。しかし幸せそうにしている主人公や都を見たら辰蔵には言えず、ずっと隠していた。しかも二年前くらいから旭と主人公はよく隠れて会っていた。名前も名乗らなかったが、優しくて不器用な不思議な妖である旭といるのは楽しくて、主人公はその時旭に恋をしていた。しかし主人公達の居場所が高耶に分ってしまい、旭は自分と主人公が会っていた記憶を消していた。愛していたからこそ、自分を忘れさせたのだ。
全てを思い出した頃、主人公と旭は山から降り死んだ人の幻を出す能力がある女に会った。しかしその女はなんと高耶に前に頼まれて都の幻を出して旭を襲わせたという真実を話した。都の幻が襲いかかると旭は都本人だと思い、戦いたくなくて何度も説得をしようとしていたがその時弾かれた旭の短刀が都の幻に刺さり都を殺してしまったと思い込ませたのだという。なので本物の都はその前に高耶に殺されていたという話だった。
ずっと自分が殺してしまったと思っていた旭は、その女が話した真実に救われた。その場で崩れ落ちる旭は涙を流した。ずっと都を殺したと思い自害したかったと、けれど主人公を守って安全な生活になるまでは死ねないと思っていたと。主人公は旭を抱き締め、生きててよかったと言った。
しかしそこに現れた高耶に連れていかれてしまった主人公。無理矢理龍神の泉に連れて行かれたのだがそこに待っていた辰蔵が「龍がいなくなった」と言った。なんと龍神の泉が枯れており、龍神が消えたのだ。そのためもう生贄はいらないと言ったが逆上した高耶は主人公に何故か襲いかかってきた。しかし旭が返り討ちにし、高耶は死んでいった。過去に何があったかわからないが高耶もまた悲しみと憎しみを抱えていた一人だった。
辰蔵はそのまま旭の契約を解いた。今まで悪かったと、幸せであるように祈ってると言って去っていった。
やっと自由になった旭はようやく言いたかった言葉をくれる。「ずっとあなたを愛してました」その言葉に主人公も「私も愛している」と答える。記憶が消えても何度も恋をしたのは旭。そんな旭はこれから自由でやりたいことはなんでもやれる。そんな旭を幸せにしたい。
旭は「あなたをずっと守って生きたい」と誓ってくれて、キスをしてくれたのだった。
エンドロール後は、辰蔵の屋敷の庭で旭がずっとやりたかったという家庭菜園をやる様子。
あれから一年が経ち、二人は平和に暮らしていた。辰蔵はあれから消えてしまったのだが、よろず妖屋のイメージと旭のイメージが良いものになってほしいと思う主人公は高校を卒業したら正式によろず妖屋をやろうと決めている。
トマトやきゅうりが沢山なっている庭で微笑む旭は「俺の幸せはあなたのそばにいることです」ととても幸せそうに笑う。以前のような悲しい顔ではない心からの笑顔で。
けれど幸せすぎて怖いと思う時があるという旭。そんな旭に「きっと今までのご褒美なんだよ」と微笑む。心から幸せだと思う主人公と旭は輝く晴れの日に寄り添って、これから先の未来も幸せになると確信していた。


↓旭の感想ネタバレ有り↓



〜旭の感想ネタバレ有り〜
真相ルートに一番近いんじゃないかなぁと思いつつ、攻略制限がないのでどうなのか気になっていたキャラなんですが、やはり中々深いところまで知れたと思いました。
しかし先に日向を攻略してたので途中で旭がお母さんの仇かもっていう展開が分かっていたので今回の衝撃は薄かったからね〜日向より先にプレイした方よかったのかな?とも思いました。
しかし旭、元からあんまり表情変わらないからか傷が治ってるのに包帯巻いていたイベントとか衝撃大きくて可愛すぎてやばかったです!しかも髪紐の話とか、実は会ってたとか、本当に好きだからこそ自分の記憶を消すというとてつもない愛に感動しましたし、そこまでの伏線が色々あってとても良かったと思います!
しかし他より何故か泣けなかったのはもう攻略人数が5人目だからかもしれぬ(笑)個人的に好きキャラランキングは高かったんだけどね!涙枯れたのかな(笑)でもやっぱ切なくて感動するお話だったと思います!!