元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

Tlicolity Eyes トリコリティアイズ 1「トリアイルート」ネタバレ

●トリコリティアイズ vol.1、トリアイルート

f:id:pinkve:20190921100117j:plain
※「Tlicolity Eyes-twinkle showtime-」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社、株式会社フロンティアワークスに帰属します。


管理人ののネタバレ感想はこちら


〜マサト&チヒロ、トリアイルートネタバレ〜
イリスに入り、チヒロやマサトとも仲良くなった主人公。映画「いばらの恋も一歩から」もスムーズに撮影が終わりクランクアップを迎えたものの、映画の前の宣伝としてスピンオフのドラマを制作することに。
もちろん主役はチヒロと主人公の「リョウタ」と「ユキ」のままだったのだが、なんとそこにユキの幼馴染であり教育実習生として三角関係になる「タクミ」という役を増やすという。しかもなんとそのタクミ役があの小野シンであるマサトだったのだ。
主人公やチヒロに感化され役者として復帰することになったマサト。そんなマサトが混ざったドラマに力が入る三人は、役作りのためだとなるべく普段から三人で過ごすことになったのだった。
それからというもの主人公のことを好きになっていたチヒロとマサトはさりげなくお互いを牽制しあう日々だったが、主人公の能力で二人がおかしくなるのはよくあることだったため、当の本人である主人公は全く気づかず楽しい日々が続き、ついにドラマはクランクアップを迎えた。
そして打ち上げのパーティーの日、チヒロとマサトは主人公に対して告白のようなセリフを伝えたが、主人公は「まだ役作りしてるの?」と気付かず、その言葉に面食らった二人はなんだかおかしくなって「そうだ」と笑う。
転びそうになった主人公を後ろから抱きしめて助けてくれる二人は、主人公の右手と左手をエスコートしてくれて手を引いてくれた。そんな王子様みたいな二人に囲まれて、これから先も三人で過ごしたいと微笑んだ。

〜トリアイルートの感想ネタバレ有り↓



〜トリアイルートの感想ネタバレ有り〜
トリコリティアイズvol.1のトリアイルート、最初は取り合われてるのすごく楽しくてニヤニヤしたんですが、後半徐々に疲れたし飽きました(^_^;)もういいってなる(笑)
トリコリティモードは凄くいいんだけど、取り合ってないで早く告白すればいいと思う(笑)トリアイルートも普通にどちらかを選ぶ的なやつだったらいいのになー!これ、大人のゲームだったら大変なことになってるやつですけどね!(笑)大人向けではないので悶々して終わりますが(笑)でもマサトさんのトリコリティモードの崇拝感が増してるのは良かった。チヒロさんの独占欲も強くなってるのもいいかも?あとアフターストーリーの囁きとスチルが中々の甘さで良かったけどやはり長くてもういいとなりましたが!(笑)
中の人が好きなので彼らの甘系ボイスが堪能できただけでも金出した甲斐はありましたが!!(笑)