元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

死神と少女「桐島 七葵」

●桐島 七葵/キリシマ ナナキ(cv千葉進歩さん)
18歳、177センチ、63キロ。
主人公の一つ上の先輩で剣道部の部長。
真面目で堅物で仏頂面なので近寄りがたい雰囲気があるが、実はとても世話焼き。
小さい頃から人には見えないものが見える。

f:id:pinkve:20190915114103j:plain
※「死神と少女」のバナーに使用されている画像の著作権は、株式会社拓洋興業に帰属します。


管理人ののネタバレ感想はこちら


〜死神と少女 桐島七葵ネタバレ〜
真面目で責任感があって、なんだかんだと世話焼きで優しい人、それが桐島だった。
桐島は幼い頃から「人に見えない何か」が見える人だった。そのため何故か主人公にも見えた「千代」という存在が共通して見えたため知り合いになった。
千代は桐島が幼い頃からそばにいる存在だったが今まで桐島以外に見えたことはなく、主人公は見えて話せるため千代は喜び、3人は一緒にいることが多くなった。穏やかな千代と、お父さんみたいなしっかり者の桐島。そんな2人との毎日は楽しくてすっかりそれが当たり前になっていく。
そんな頃、桐島が転んだ時にハンカチを貸してあげたことから、桐島がお礼にとブレスレットをくれた。初めてのプレゼントはとっても綺麗な花のブレスレット。それが嬉しくて主人公の心は温かくなった。しかしそのあたりから千代と桐島の関係にヒビが入り、2人は喧嘩をしたと言って2人が一緒にいることがなくなった。千代がいなくなると桐島だけとの時間が増えて主人公と桐島の距離はぐっと縮まった。桐島は、学校の窓ガラスが割れた時も咄嗟に庇って守ってくれたり、怖くて泣いてる主人公の頭を優しく撫でて慰めたりしてくれた。そんな桐島の優しさにどんどん惹かれていく。
しかし千代とあれだけ仲が良かったのに喧嘩しているのが気になり、仲直りを勧める主人公。しかし実は桐島は千代のことが見えなくなっていたのだ。それどころか今まで見えていた謎の者たちも全て見えなくなってしまった。
それには理由があった。それは千代が主人公に恋をしたことが理由。桐島はそれを知り、千代を止めたから。だって千代はいつまで経っても姿が変わらない存在、このまま2人が好きあったとしても必ず主人公の方が先に死んでしまうから、だから主人公の幸せを思うなら諦めろと説得していたのだ。
その事柄があった時から、千代が見えなくなった。多分それは桐島が千代の存在を否定したことにあった。
主人公はまだ千代のことが見えるのに、桐島からは見えないことがショックで主人公は大泣きした。2人の絆を知っているから悲しかった。主人公を悲しませたくない桐島と千代は明日3人でデートをしようと言い出し、出かけることになった。
しかし楽しみにしていた主人公に対し、出かけた先は全て今まで3人で訪れた場所ばかり。思い出を振り返るようなその行為に、このデートの意味に気付き始める主人公。そして最後に訪れたのはやはり、コスモスの咲く丘だった。
お別れの予感を感じる主人公に千代は自分はコスモスだと言った。コスモスとして生まれた千代は春の桜に憧れる秋桜
千代は、君に出会えてよかった、好きだから離れる方がいいことを今わかったと言って消えていく。それと同時にコスモスの花が風で舞い、立ち尽くした桐島の代わりに、主人公は泣いた。
それから桐島と主人公は当たり前と一緒にいることが多くなった。お弁当を作って桐島に持ってきて、放課後はデートした。桐島は「お前が好きだ」と言って手を繋いでくれる。主人公の手はいつも冷たいけれど、二人だといつも温かいのだった。
エンドロール後はあのコスモスの丘に「千春」と「千秋」という兄妹が着物を着ている男の人の夢を見たと両親に話すシーン。
両親は主人公と桐島だ。子供達がその話を二人にすると、主人公と桐島は見つめあって確信する。そして子供たちに対し、またその人にあったなら伝えて欲しいことがあるという。それは「俺たちは今幸せだ」という言葉。わかったと微笑む子供達に囲まれて幸せな二人の後ろで「知ってるよ」と優しい声が聞こえた気がした。

↓七葵先輩の感想ネタバレ有り↓



〜七葵先輩の感想ネタバレ有り〜
一周目に他キャラを攻略している時からタイプじゃないかなと感じていた七葵先輩。攻略したらやはりタイプでした!!思った通り!!
硬派で強くて頼りになり、そしてなんだかんだ優しくて世話焼きでお父さんタイプな七葵先輩、すっごいかっこよかったです。更にガラスが割れた時とっさに抱きしめて守ってくれるイベントや、しょっ中いい子いい子で頭撫でてくれるのとかすごくときめきましたねー!
後はほんと、いい人すぎて心配になるくらい(笑)だって攻略してない時でさえ、基本的にいつも心配してくれて世話焼いてくれて主人公が発狂しようがゲロ吐こうが引かずにいつもいてくれた‥(笑)凄いよね(笑)もうなんかいい人超えて損する人だねあれは(笑)
しかし主人公、七葵先輩相手だとそこまでガツガツいかないのが意外でした。兄さんとか蒼に対してだと上目遣いや腕組みやさりげないボディタッチが多く、かなり自分の美しさを最大限に活かしてる小悪魔だなーと思ってたんだけど流石に同年代にはやらないんですね(笑)でもそれ多分七葵先輩にやってたら即落ちてたと思うよ彼は(笑)甘えられるとなんでもしそうな人だからなー!!そこがええよね!!(笑)
後関係ないけど七葵先輩ルートの夏目と夏帆がなんだかんだ仲良くてお似合いで良かった!付き合っちゃえばいいのにー!みたいな感じでした(笑)あの二人かわええ。