元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

VARIABLE BARRICADE「TRUEエンド」

●TRUEエンド
花婿候補四人を攻略するとオープンするルート。

f:id:pinkve:20190825202104j:plain
※「VARIABLE BARRICADEのバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社、デザインファクトリー株式会社に帰属します。


管理人ののネタバレ感想はこちら


〜バリアブルバリケード トゥルールートネタバレ〜
主人公が嫌っていて、そして嫌われていると思っていた存在である祖父。それはなんと主人公の勘違いだった。
祖父は主人公を最初からずっと大切に思っていたし、可愛がろうとしていた。しかしその真実を捻じ曲げ、祖父を嫌うように仕向けた存在がいたのだ。
そう、それは春日だった。
しかもなんと春日は主人公の実の兄だったのだ。
主人公の両親は駆け落ちしてイギリスに逃げた際、一人目の男の子供を産んでいた。それが春日もとい「ツバメ」だった。しかしツバメはとてつもなく優秀な頭脳を持っていたせいなのか人を見下し、両親すらも見下し、何も楽しくもないという感情もなく冷めた子供だった。その態度への対応に困っていた両親だったが妹である主人公が生まれた時に初めてツバメが「可愛い」と言って人間らしい態度を示したことでツバメがこのまま真っ当な人間になれると思った。しかし実際は違った。主人公を可愛がるのはよかったものの、その可愛がり方は尋常では無かった。幼い子供が赤子である主人公の世話を全てやると言い、そして実行したのだ。
依存して、可愛がって、ツバメの全ては主人公のためになった。その尋常じゃない愛情と執着が恐ろしくなった両親は二人を引き離そうとし、主人公だけを日本にいる東条の両親に預けようとした。しかしそのことが直前になってツバメにバレてしまうと、ツバメは主人公を連れて逃げた。しかしいくら頭がいいと言ってもまだ子供。逃げる途中で事故にあってしまい、その後遺症で主人公は記憶をなくしてしまった。
そのまま主人公はなにもわからないまま東条家に連れていかれたため両親は死んだと思っていたし、兄の存在を忘れ孤独に育った。
しかし一方ツバメはまだ主人公を諦めていなかった。なんと11歳で大学を卒業し、日本に単身でやってきて、東条家に乗り込み祖父を脅した。しかし何故かツバメは自分の正体を主人公に明かさずに執事としてそばにいられればいいと言った。祖父は執事だとしてもこの異常な男を側に置くことは脅威になると感じ拒否したが、記憶をなくして誰にも未だ懐かない主人公を一週間で懐かせることができたら執事としてそばにいてもいいと妥協策を告げたのだ。誰にも懐かなかった主人公はきっとまたツバメのことすら拒否するだろうと祖父は考えていたのだが甘かった。ツバメはすぐに主人公を手名付け、そして「春日」が生まれたのだった。
そして今現在、この真実を打ち明けられた主人公はとてもショックを受けた。なにも知らなかった事実。両親は生きてた、兄は生きてた、祖父に愛されてた。わけがわからなくてどうしたらいいかわからなくなるが春日はそれでも更に主人公を騙して攫おうとした。しかし事情を知った花婿候補達が主人公を助けてくれて、それから春日は失踪した。
その後、春日がいなくなり大変になると思ったものの、神崎がカズと同一人物だと分かったり、カズと壱哉が双子であると分かってカズの婚約の話を一度無くしてくれたり、壱哉が祖父の秘書として働くことになったり、那由太が主人公のボディーガードになったり、汐音が主人公のメイク担当になったり、元から祖父の友達だったという大我が色々助けてくれたりと、なんだかんだと上手く回っていた。皆が協力すれば春日がいなくても大丈夫、そんなことに気づけば自分がどれだけ春日に操られて籠の鳥にされていたのかも気づいた。
しかし諦めていない春日は「イヴの日に会いたい」とメッセージを寄越し、話し合いをしようと会いに行った主人公を無理矢理攫ってイギリスに逃亡しようとした。手を引かれた主人公は過去の記憶がフラッシュバックする。早くとせかす大好きなツバメ兄様が自分を置いていってしまうかもという不安な記憶。そして主人公は「ツバメ兄様!」と叫んだ。その言葉に春日の動きは停止し、包囲していた花婿候補者達に取り押さえられたのだった。
その後、捕らえた春日と本音で話すことになると春日は主人公が「女帝になるのを見たかった」と話した。主人公的には血の繋がった兄がいるなら東条家の後継になればいいと思っていたが、春日は可愛くて可愛くて大好きな妹が女帝として君臨することに命をかけて全て完璧に育てていたため断固拒否。だから服も持ち物も男も全て自分が決めた物を与えたかったという春日に「変態!シスコン!」と言い喧嘩をしたが、結局血の繋がった兄であり大切な執事である春日がそばにいるのが当たり前で、仲直りをして春日はツバメではなく春日に戻ることとなった。
和解し、皆でクリスマスパーティーをすることになる。カズや祖父や紬達も皆集まって仲睦まじく。そして候補者達が、落ち着いたことで改めて花婿になるためアプローチを再開するというが春日が「私を倒してからにしてください」などと騒ぐため、主人公の声が高らかに響いた。
「絶対お断り!」
エンドロール後は、月に一度だけ春日はツバメに戻るという約束をした二人。月に一度の兄とのデートで甘えてわがままをたくさん言う主人公だったが、その甘えぶりはツバメに負けないくらいのブラコンだった。けど主人公はそれでいいと思ってる。だって兄様は喜んでくれているはず。大好きよ、ツバメ兄様!

↓トゥルーエンドの感想ネタバレ有り↓



〜トゥルーエンドの感想ネタバレ有り〜
いやいや、春日怪しいと思ってましたが主人公をあれだけ大事にしてて恋愛感情がないって理由、兄だったからなのね。とても納得。しかし正直、正体がわかってから中々引きましたけども(笑)でも最終的に主人公もブラコンになってたからいいのかな?まぁあれだと一生結婚できなそうな気もしないでもないが(笑)
しかしトゥルールートだと壱哉さんが秘書になったり、那由太がボディガードになったり、汐音さんが専属メイクさん?になったり、大我さんも爺さんの友達のままで中々いい感じにみんな側にいてくれそうなので良かったです。四人は本当に素敵な人たちで、彼らと過ごした日々を思い出すとあのままあのメンバーとずっと暮らしたくなりますもんねー!カズさんも好きなので花婿候補になると言ってほのぼのしてるのも良かった。爺さんとも和解できたし、あとお友達二人も本当に可愛くて大好きです!カゲローさんがたのイラストは女の子もめっちゃ可愛くて好き!
本当に面白いソフトでしたー!満足!