元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

白と黒のアリス〜Twilight line〜「スノウ」

●スノウ(cv増田俊樹さん)
女王の側近で、黒うさぎ・レインの双子の兄。
いつも穏やかに微笑んでいるが、職務のためなら時に強引に事を運ぶ。豊かな知識を持ち、周囲からの人望も厚いが、怒らせると怖い一面も。
【Lover's Day ~白エンディング~】では、白の世界で植物学者になり、主人公に助手として手伝ってもらいながらともに暮らしている。
【Lover's Day ~黒エンディング~】では、女王に戻った主人公の元で黒の世界を支えるため、日々尽力している。

f:id:pinkve:20190810084054j:plain
※「白と黒のアリス」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社・株式会社工画堂スタジオに帰属します。


管理人ののネタバレ感想はこちら


〜白と黒のアリス トワイライトライン スノウネタバレ〜
(白エンディング)
白の世界に残ったその後、スノウは植物学の研究者として成功。研究施設を立ち上げ、主人公はその助手として、そして婚約者として過ごしていた。
白の世界に来てからは姫と従者という関係は変わり、対等になった。だから主人公は家事を頑張っていたが最初は本当にひどかった。しかしスノウはあちらの世界にいた時と全く変わらずにいつも優しく、失敗した主人公にも怒ることはなく第一に大切にしてくれていた。
もう少しで結婚式を控えている今、そんなスノウに恩返しがしたくて何かサプライズをと考えていた。高校の時から仲良くしている美羽、なずな、洋平に協力してもらって思いついたのは、あれからずっと仲違いをしたまま会えない弟のレインに会わせてあげるというサプライズだった。
隠れて洋平に会っていた事でスノウが嫉妬したりもして大変だったが、白の世界に来てスノウは思ったより大人じゃなくて子供っぽくて嫉妬深い事も理解していたので、そんなスノウすら愛おしかった。そんな嫉妬を掻い潜りながらもダムとディーに結婚式の招待状を頼んだりし、結婚式当日、なんとレインと妹の愛日梨が会いに来てくれたのだ。
とても驚くスノウは涙を流す。レインもスノウの事がずっと心配だったと言い、結婚を心から喜んでくれて、2人は仲直りができた。
サプライズが成功し喜んでいると愛日梨が主人公にあるものを持ってきてくれた。それはオルゴールだったのだが、実はそれは主人公が幼い頃母に何度も聞かせて欲しいと頼んでは聞かせてもらっていたオルゴールだった。そしてそれは主人公が結婚するときにあげると言われていたもの。それを偶然に持ってきてくれた愛日梨の行動の奇跡に喜ぶと、オルゴールから流れた音楽は白の世界では有名な「結婚行進曲」だったのだ。結婚行進曲が優しく鳴り響く中、母が祝福してくれているようで涙がこぼれた。
そして本番を迎える2人は真っ黒なドレスとタキシードを身に纏い、誓い合う。ずっと昔から心はスノウだけのもの、家族になってくれてありがとう、ずっと夢見ていたから幸せだとキスをした。するとスノウも同じ気持ちだと永遠の誓いのキスをしてくれたのだった。

(黒エンディング)
二人の女王となった黒の世界は穏やかになり上手く回るものの、おかげでスノウは忙しい日々を送っていた。常に優しく主人公のために動いてくれるスノウだったが、主人公は寂しさを募らせていた。
そんな時ミネットが主人公をからかい、このままでは二人は別れてしまうかもと言った。純粋な主人公はすぐに騙され不安になるとミネットは一生そばに居られるおまじないを教えてくれた。その内容は好きな人と一週間口をきかないというものだった。
主人公はスノウと離れたくなくて無視を決意。好きな人と話せなくなるのは悲しかったが、先のことを考えて涙を飲んで頑張った。しかしスノウの方は急な主人公の態度に困惑し、今まで構えなかったことで主人公を怒らせたのかもしれないと胸を痛めた。スノウは主人公の機嫌をとろうと必死になるがすれ違う二人はしゃべれないまま。その気苦労とストレスと過労を抱えたスノウは、無理をしてなんと倒れてしまった。主人公はショックを受け心配し、おまじないを諦めてスノウの看病をした。何もできない主人公がスノウのために走り、一生懸命側にいた。その姿を見たスノウは嬉しくて思わず主人公を抱きしめて押し倒す。ようやく口を聞いてくれて自分のために必死になってくれる主人公が愛しくて、可愛くて、自分のものにしたくて。
しかしスノウは熱が上がり、結局そのまままた倒れてしまったのだった。
後日、無事にすっかり治ったスノウだったが、主人公がずっと無視をしてたのがミネットの嘘のせいだとわかりミネットはスノウの怖い笑顔のお仕置きをされた。
そして平穏が戻ったスノウと主人公は、穏やかに中庭でチェスをしていた。スノウがずっと忙しくて構ってあげられなかったのも、主人公と過ごす時間を作るために無理していたせいだと分かり、結局倒れてしまったもののちゃんと主人公を想っての行動だったと分かった。チェスをしながら優しくキスをしてくれるスノウに、主人公は「この勝負に勝ったら子供の作り方を教えてほしい」と言う。思わず言葉に詰まるスノウだったが、このまま純粋でいて欲しい気持ちと敢えて負けて教え込んでやりたい葛藤で悩んでいた。
何に悩んでいるのかさっぱりわからない主人公はスノウと永遠に一緒に居たいと微笑む。スノウはその笑顔と同じ笑顔で、おまじないなんかなくても永遠に一緒に居ますと、あなたを甘やかすのは私だけの特権だと言ってキスをしてくれた。

↓スノウの感想ネタバレ有り↓



〜スノウの感想ネタバレ有り〜
まずアフターストーリー黒の世界エンドからですが、すっごい良かったです。最初は久々の黒の主人公のワガママとか素直じゃなさに「こんなんだっけ?」と戸惑ったものの、あれはあれで実はむしろ凄い素直な子なのでね、ミネットの嘘に騙されるのはとても面白かった(笑)しかもスノウって余裕ありそうでちょっとこっちもヤキモキしそうなのに、一週間の無視で胸痛めるスノウやばかった!!こちらまで胸痛くなるほど切なかったわ!!そして愛しいいい(ToT)悶々としているスノウもええね!!いつになったら一線を超えられるのか、楽しみですね(笑)そして相変わらずめっちゃ甘やかしてくれる人なので本当素敵です。甘やかしてくれる人が好きや!!
そして次に白の世界エンド見たんだけど、こちらはなんか私的にあまり惹かれなかった(笑)なぜ?(笑)なんかちょっとスノウが怖いのもあるけど、結婚の話がメインだからね〜結婚とかあんま興味ないからかな(笑)あと、昔の思い出しシーンが多すぎだのが微妙だったかも?それとウェディングドレスが黒、タキシードも黒ってのビックリ!いくら黒の世界の住人にしても白の世界でそれやったらみんな引くんじゃ?とかちょっと思った(笑)綺麗だったけどね!!