元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

金色のコルダ3~Another Sky~横浜天音「氷渡 貴史」

●氷渡 貴史/ヒド タカフミ(cv三浦祥朗さん)
横浜天音学園室内楽部部員の二年生。
チェロを演奏し、現在横浜天音の中でチェロの腕が一番とされており、冥加のアンサンブルメンバーの正チェリストをしている。冥加を崇拝しており冥加の言うことは全て聞くが、プライドが高く他の人間は見下していて横暴。
絵が得意でかなり上手いし、手先が器用で自身が付けているアクセサリーは手作り。
※エンドは一種のみ。



~ネタバレ~
(珠玉恋愛エンド)
横浜天音学園に転入すると同じクラスで出会ったのが氷渡貴史だった。
氷渡との出会いは最悪、横浜天音の授業は席は自由だったため主人公と響也は一番後ろの席をとって座ったのだが、そこに現れた氷渡が「そこは俺の場所だ」と言って響也の足を踏み、喧嘩を売ってきたのだ。響也は売られた喧嘩に楯突こうとしたのだが、そこに現れた七海が「横浜天音の特別なルール」を教えてくれたことにより、取り敢えず大ごとにはならなかった。
横浜天音の特別なルールとは、演奏の腕で上下関係が全て決まるもの。
氷渡は冥加のアンサンブルの正チェリストであったため、要はこの学園のチェロの頂点にいる存在だったのだ。だからこそ、歯向かってはいけないと教えられた。
自分は天才で才能があるのだと、その立場を利用するかのごとく氷渡は横暴で、他の生徒が使っている練習室を無理矢理奪ったりと散々だった。お人好しな主人公は喧嘩をおさめようと氷渡に関わったため、徐々に氷渡とも普通には話せるようにはなっていった。
更に東日本大会のメンバーに主人公が選ばれ響也だけ退学になると、心細くなる主人公を見た氷渡はなんだかんだと声をかけてくれた。同じアンサンブルメンバーとなったため、アンサンブルの質を落とされてはかなわないからと演奏のアドバイスをくれるようにもなった。
乱暴で気性が荒いイメージがある氷渡だったが、音楽への志しはとても高く、更に氷渡のアドバイスはとても的確でわかりやすく、なんだかんだと優しくしてくれていた。
中学生の時に初めて冥加のコンサートを聴いて胸を打たれ、それから冥加を尊敬し、彼と音を重ねるためにこの学園に入ったことも話してくれた。
徐々にメンバーとして認められ始め、絆が少しずつ生まれてきた。そう思っていた矢先、ある朝とても早く目が覚めてしまった主人公は練習をしようと練習室へ向かった。するとそこにはなんと熱心に何度も何度も練習をする氷渡の姿があった。そう、氷渡は天才なんかではなかった。人より何倍も何倍も努力して練習をしているからこそ、正チェリストという立場に入られたのだ。
努力している姿を主人公に見られた氷渡は落ち込んだ。天才だと自分で言っていたのに本当は隠れて練習をしていると知られてしまったから。主人公は気にしていなかったが、それから氷渡とギクシャクしてしまった。
そんな中迎えた東日本大会。一曲目は冥加抜きで主人公が1stヴァイオリンをし氷渡と天宮の3人で挑めと言われていた。絶対である冥加の不在のアンサンブルに、氷渡はプレッシャーに押しつぶされいつもの演奏ができずに終わってしまう。結果を出せなければ次のアンサンブルは外されてしまう‥そんな不安で震える氷渡の手を握り安心させる主人公だったが、やはり冥加は次のアンサンブルメンバーは氷渡を外し、七海を加えると言ったのだった。
東日本大会は冥加が1stヴァイオリンを務めた二曲目で挽回したためセミファイナルに進むことが出来たため、翌日にアンサンブルメンバーは呼び出された。そこに氷渡も呼び出されていたため氷渡はまだ希望があるかもしれないと思っていたが、集まった先で完全にメンバーから外すという通告を受ける。諦めきれない氷渡は理事長室に戻った冥加を追い、主人公もそれを追う。鍵がかかった理事長室の扉を叩き「もう一度チャンスをください!」と言い続ける氷渡に駆け寄るが、冥加は全く出てきてはくれない。その態度に氷渡は絶望し、やけになるが、主人公は仲間である氷渡を思い同じように理事長室の扉を叩き続けた。必死に冥加を呼び扉に手を打ち付ける主人公を見た氷渡は、ヴァイオリンを弾く大切な手が傷ついてしまうと主人公を止めようとしたが、主人公はやめなかった。すると観念した冥加が扉を開き現れる。何度もしつこいと、完璧なパーツ以外俺にはいらないと吐き捨てる冥加に主人公は「七年前のアレクセイと同じだ」と言った。それは主人公と冥加の忌々しい七年前のあの記憶。冥加はその言葉に、かつての自分と氷渡を重ね、かつてのアレクセイと今の自分を重ねた。あれだけ嫌っている男と同じになるなど屈辱でしかない冥加は観念し、氷渡をアンサンブルメンバーに残すと言って去っていった。
扉の前に残された氷渡と主人公。蹲っていた氷渡は絶対である冥加の言葉が覆った事に言葉を無くし、主人公を見つめる。主人公はそんな氷渡の手を取り微笑んだ。アンサンブルメンバーに残れた‥そう言って主人公の手を握り返す氷渡は喜びと感動の思いが溢れ、そして自分のために必死になってくれた主人公が、女神のように見えた。
その後、アンサンブルの為にまた必死に練習する日々が始まったが、あの扉の前の事件以来氷渡は自分の異変に戸惑っていた。主人公にあの時のことのお礼を言えば、主人公の微笑みがまた女神のように見えて美しくて胸がドキドキと高鳴った。
主人公が演奏をしている姿を見ればとても綺麗に見えてまた胸がドキドキした。
そんな戸惑いを感じながら過ごしていると、氷渡は以前より柔らかくなったようで、管弦楽部の後輩に演奏のアドバイスをしてあげたり、外でリコーダーの練習をしていた小学生に上手な吹き方を教えてあげたりしていた。氷渡の教え方はやはり的確で、進路希望で悩んでいる氷渡に「音楽の先生になってはどうか?」と主人公が勧めるほどだった。
そんな時、主人公はハラショーでオモチャのリコーダーが売っているのを見つけ、この間の氷渡のことを思い出し買って吹いてみた。するとちょうど来た氷渡に下手くそだと言われてしまう。そして氷渡は子供に教える時と同じように主人公の背中に回り、手と手を重ねて指の押さえ方を教えようとしてくれたのだが、その時手に触れた事にハッとし、また氷渡の胸がドキドキと高なってしまう。そしてその時氷渡はハッキリと気付いてしまった、この感情は女神だからとか助けてくれたからとかそういうものではないのだと。
自分の気持ちに気付いた氷渡は、主人公を想ってチェロを弾いていた。その音色は今までになくとても優しくて美しい音色で、主人公はその音色に惹かれてその場へやってきた。氷渡は、お前のことを考えながら弾いたんだと言い、気持ちを伝えようとするが、校内のため邪魔が入ってしまったため、今日一緒に帰ろうと、話があると言った。
そして約束通り一緒に帰る2人。ゆっくりと夕日の中2人は海沿いを歩いた。普段通らないこの道は氷渡が前に調べた道だと、前に使っていたという地図を渡してくれた。いつになく大人しい氷渡に少し緊張する主人公だったが、その時強い風が吹き地図が手から離れてしまった。咄嗟に氷渡が掴んでくれたため飛ばされずに済んだものの、主人公は照れてお礼を言う。風で乱れた髪を梳かしてくれた氷渡はそんな主人公に「そんな素直なお前だから好きだよ」と言った。もっとかっこつけたかったけれどこれが今の俺の精一杯だと言う氷渡は髪を優しく梳かしながら微笑んだ。そして返事はまだいいから、よく考えて欲しいと言ってくれたのだった。
その後、ファイナルを迎えた一同。主人公は音楽の力を取り戻し、マエストロフィールドを発揮することができ、横浜天音は優勝した。
祝賀会が終わると2人は一緒にいた。緊張する氷渡は、あの時の返事を聞きたいけど聞くのが怖いと言う。そんな氷渡に主人公も同じ気持ちだと返事をすると氷渡は感動して喜び、幸せすぎて死ぬんじゃないかとまで言う。嬉しすぎて現実を疑うとか、夢みたいだとか、そんな事を何度も言う氷渡は改めて「何度言っても足りないくらい、好きだよ」と言って強く抱きしめてくれたのだった。
エンドロール後は、二学期になって仲良く勉強をする2人。微笑む主人公と至近距離で向かい合う氷渡は優しい笑顔で見つめる。
夏は幻だったんじゃないかと思う時があるけれど、こうやって一緒に二学期を迎えて現実なんだと思える。幸せは続いていく。好きな気持ちは一生消えないどころか、どんどんお前を好きになる。俺は世界で一番幸福な男だよ。

(ドルチェスペシャル内容)
お弁当のお礼にと、お気に入りの場所で船に乗り夕日を見せてくれる。主人公にいつも喜ばせてもらっているから今日こそ喜ばせてやろうと色々考えたけど、隣に主人公がいるから結局自分がまた喜んばされてる。いつか絶対に喜ばせる所に連れて行ってやるからと約束してくれる。

管理人の感想ネタバレ有り