元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

金色のコルダ3~Another Sky~横浜天音「天宮 静」

●天宮 静/アマミヤ セイ(cv宮野真守さん)
横浜天音学園室内楽部部員。三年生。
神秘的で浮世離れしている美少年で、ピアノの腕は完璧で賞を沢山とっている。が、その音色は完璧であっても人間らしい感情がないと批評されている。



~ネタバレ~
(共通恋愛ルート)
横浜天音学園に転入し、温室で出会ったのが天宮静だった。
天宮はきらきら星を歌いながら紙飛行機を飛ばしており、その紙飛行機を拾うと、なんとそれは楽譜で折られていた。ちょうど曲を探していた主人公はそれを使って練習することになるのだが、主人公の演奏を聴いた天宮が主人公に興味を持ち、一緒に演奏しようと誘ってくれる。すると初めて音を合わせたのに二人の音色にマエストロフィールドが現れたのだった。
波長があう、そう思った天宮は主人公のアンサンブルにピアノで参加してくれると言ったが、その代わり自分と恋をする実験をしてほしいという条件をつけてきた。
少し風変わりな美少年であったが、その日から二人の実験は始まったのだった。
天宮はデートをしたり、甘い言葉を言ってみたり、一緒に登下校を提案してきたりもした。しかしただ実験をしていても恋という感情がイマイチ湧かない。何故そんなにも恋をしたいのかと気になると、なんと天宮は自分は人形なのだと言った。
天宮のピアノの腕はとても良かった。何度も賞を取っているし、一流だと誰もが認める。しかし、彼の奏でるピアノは心が無いのだ。上手い、けどファンがつかない。だから恋をすればきっと音が良くなると、師であるアレクセイ・ジューコフに言われたと言うことだった。
天宮は元はアレクセイの私物である函館天音学園にいた。しかも親がいない天宮はアレクセイが子供を集めている「リラの家」という家で暮らしており、ピアノの腕がいいためアレクセイのお気に入りとして可愛がられていた。しかしそれは冥加がリラの家に現れてから変わった。アレクセイのお気に入りは冥加になり、天宮には目もくれなくなり、アレクセイと冥加が海外へいってしまうと取り残された子供達はみな出て行き、天宮は最後の一人になってしまったのだと言う。
しかしそのうち冥加が横浜天音を支配するようになると、自分のアンサンブルに入れと誘ってくれて、リラの家を出ることになったと言うことだった。

↓エンド二種↓

(珠玉恋愛エンド)
その後も恋人ごっこを続ける二人だったが、確実に天宮は主人公へ優しい気持ちを持ち始めていた。
天宮が熱を出した時もいち早く気づいた主人公は天宮の部屋に行き、看病をしてあげた。天宮は昔リラの家で一人になったことを思い出し心細くなって、主人公がきてくれたのも夢では無いかと不安になるが、主人公は安心させるために天宮の額に手を当ててあげた。天宮はその温もりに安心し、主人公への愛しさを募らせた。
後日、看病のお礼にデートに誘ってくれた天宮。その途中で結婚式をやっているのを見つけ、二人は自分たちが結婚したらという想像をして楽しくなった。花嫁さんのブーケに似た花束を選んで買ってくれた天宮の笑顔は、幸せな気持ちを感じさせていた。
そんな幸せな気持ちのまま天宮は一人学園でピアノを奏でていた。すると温かい気持ちが音色に乗って、今までよりもステキな音を奏でることが出来た。そんな音色を奏でるのは楽しくてどんどん幸せになる。
しかしそこになんとアレクセイが現れた。そして恋の音を手に入れた天宮のピアノを気に入り、函館へ戻れと言い出したのだ。今まで見向きもしなかったのに、音が良くなった途端また欲しがる。嫌だと言いたかったが有無を言わせずモノを扱うようにアレクセイは当たり前のように命令した。
それからというもの、天宮は悩んでいた。いつかのように温室で紙飛行機を飛ばすと、上手に飛んで行ったが、外に出た途端紙飛行機は落ちてしまう。それを見れば、温室から出たら上手に飛べない紙飛行機が、アレクセイの元から出たら飛べない自分と重なった。
恋を知りたかった、けれど知ってしまったからこそ離れる辛さも知った。
そしてセミファイナルの日、何も知らない主人公にさよならを言う天宮。驚く主人公だったが、天宮の表情はとても幸せには見えなくて、行って欲しくなくて、幸せになって欲しくて、主人公は走る。御影に教えてもらった空港に息を切らせて向かうと、アレクセイと天宮がいた。
天宮は心の中で行きたくないと叫び絶望していた。そして思い出すのは主人公の笑顔。そう、やっぱり自分は主人公に本当に恋をしていたと気づいた。
その瞬間、天宮の名を呼び走ってくる主人公はそのまま天宮に飛び付き、そして言う、行かないでと。モノとしてではなく、自分を必要としてくれる主人公の愛に胸を打たれた天宮はついに自分の言葉を口にする「僕は行きたくない」と。
音楽界で立場のあるアレクセイに刃向かうことは、この先どうなるかわからない。けれど天宮は決心して、アレクセイの作る温室から、ついに羽ばたいたのだった。
その後、先のことを考えると不安になることもあったが、天宮の心はすっきりしていた。
アレクセイの邪魔が入り、出演するはずのコンサートに出演出来なくなったりもしたが、デート中に入ったお店のピアノを弾いたりして、楽しんで弾くことによりお客さんに喜ばれたりファンがつくこともあり、幸せだった。
アンサンブル練習をしている時も、自分のピアノで感動したと言うお婆さんが泣いて喜んでくれたのを見て、天宮も泣きそうになった。
こんな喜びを教えてくれたのは主人公。けれど、自分にピアノを与えて教えてくれたのは、アレクセイだった。だから天宮はファイナルの日に顔を合わせたアレクセイに笑顔で「僕にピアノと恋を教えてくれてありがとうございました」と本当の感謝の気持ちを伝えることができた。そんな天宮の姿を見たアレクセイは、我が子の旅立ちに、優しく微笑んでいた。
そしてファイナルで優勝を勝ち取ると、なんと観客から選ばれると言う市民賞に天宮が選ばれたのだった。今まで心が無いと言われファンがつかなかった天宮の演奏が、こんなにも人に喜ばれる素晴らしい演奏になった瞬間だった。
その後、余韻に浸る主人公と天宮は二人で会っていた。天宮は、ピアノを弾くことが楽しいと言った。そして、これから先音楽で生きて行ってどうなるかはわからないけれど、主人公がいてくれたら飛べる気がするから、ずっとそばにいてほしいと言って、「好きだよ、ずっと君に恋してる」と微笑んでくれたのだった。
エンドロール後は、河川敷で穏やかに並ぶ二人。
君は僕の翼、君がいれば空の遠くどこまでも飛んでいける。君の心に届くようにピアノを弾くよ。
君のことを、恋してる。

(逆注目恋愛エンド)
恋人ごっこを続け、主人公を翻弄してふざけてばかりの天宮。それを怒って微笑み合うのが日課になっていたが、天宮は主人公の気を弾くためにわざとバラの棘で手に怪我を負った。ピアニストにとって大事な手をふざけて怪我する天宮の態度に、主人公は流石に本気で怒っていた。
ニアにそのことを相談すると、一度懲らしめないとあのタイプはまた同じことをするとアドバイスされ、主人公は天宮にしばらく冷たくすることにした。
天宮は主人公の機嫌をとるためお菓子を差し入れたり、何度も話しかけてきた。練習室で練習している時も追い返しても何度も来たためさすがに可哀想になったが、自分を大切にしてほしいから厳しくしなければと思い突き放す。しかし練習に没頭した主人公は3時間経って練習室から出るとなんとそこにはまだ天宮がいたのだ。しかも花束を抱え、主人公にプレゼントする。以前天宮が出演したコンサートに主人公が花束を持ってきてくれたのが嬉しかったから、主人公が喜んでくれるかなと思ったと言う。
今まで人の気持ちを考えなかった天宮が、必死に嫌われたく無いと考えたその行動。それは嬉しい変化であって、そんな天宮が愛おしいと思うと同時に、二人は仲直りをしたのだった。
天宮は、何にでも真剣になって必死になる主人公の表情を見ると愛おしいと思え、主人公に嫌われたら生きていけないと思えた。
ファイナル優勝後、二人は一緒にいた。
そして天宮は先ほどの演奏が美しかったと話してくれ、君に惹かれ続けてると言う。それは音色にではなく、君自身に。
エンドロール後は、ピアノを連弾する二人。
ピアノを弾くふりをして君の仕草や表情に見入ってる。好きだよ。君だから、この恋は生まれたんだ。

(ドルチェスペシャル内容)
お弁当のお礼に動物園デート。天宮の頭にひよこが乗って喜ぶ。楽しそうな天宮は動物が好きとかは分からないけど、楽しいと思えるのは主人公が隣にいるからだと言う。

管理人の感想ネタバレ有り