元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

DYNAMIC CHORD feat.apple-polisher「黒沢 忍」

●黒沢 忍/クロサワ シノブ(cv梅原裕一郎さん)
アッポリのリーダーでベースを担当。バンドの中での名前はKuro。
冷静沈着で大人で無口。落ち着いていてクールなので顔が怖いと言われがち。しかし本当は優しくて面倒見が良く頼れるため、メンバーたちの世話を良く焼いている。





~ネタバレ~
(エンド1~こうして、また朝が来て~)
初恋の相手である成海が、アップルポリッシャーというバンドのボーカルをしていることを知り、すでに芸能界で活躍している主人公はいつか再会を夢見ていた。
そんな時、先輩であるグリララのライブツアーに参加する事になると、グリララのヘルプとしてベースを担当する事になったのが、忍だった。
忍はアッポリのベーシストであり、クールな大人の人だった。そして忍が参加する事になれば自然と他のアッポリメンバーとも顔を合わせる事になり、ついに主人公は成海と再会することができたのだ。
12年ぶりに会う成海はあの時と変わらない天使のような美しく優しい男の子だった。そんな成海のそばにいるようになると、初恋だと思っていた気持ちは、今現在の恋に変わっている事に気づく。
そう、主人公は成海にまた恋をした。
主人公の姉が結婚するため家を出る事になると成海の両親がうちで預かると言ってくれ、なんと主人公は成海と同じ屋根の下で暮らす事になってしまう。しかし、嬉しくも恥ずかしいその展開に心弾ませるものの、同じ屋根の下で過ごして数日、中々上手く会話ができずにいた。
成海はもともとアメリカ育ちで人との距離感が近く、いつも分け隔てなく主人公にも優しかったが、かえってそれにドキドキし、主人公は自分をアピールできずにいた。
そんな頃、そんな悩みと同時にグリララのツアーは滞りなく進み、その度に忍と顔を合わせる事になっていた。ライブが終わると主人公と忍はグリララのメンバーたちにご飯に誘われるため、自然と忍との仲は深まっていった。
忍はクールに見えてとても優しい人。大人で、むしろ心配性なお父さんのようで、頼れる存在。主人公のこともなにかと世話してくれたし、忍がそばにいると安心できた。
一方、忍のほうも、主人公が作曲する事に悩みを抱いていることを聞くと、自分と重なり気になっていた。忍はとある理由で作曲が出来なくなってしまったのだが、主人公は悩んでいても明るくどうにか頑張りたいと前に進んでいたため、その強さに惹かれてもいたし、好感があった。
だからこそ、そんな二人は成海よりもどんどん仲が良くなっていった。
しかし主人公が成海を好きだということはバレバレ。忍もその事に気づいており、むしろ主人公から「成海君との仲を取り持って欲しい」と甘えられ、仕方なく協力する事になる。
成海のためにお菓子作りをしたいと言えば、料理が得意な忍は自宅で主人公にお菓子作りを教えてくれた。仕事でうまくいかず落ち込んでいれば、いち早く気づいて励ましてくれた。そんな忍に頼りきりだったが、忍に励まされて最高の笑顔になる主人公を見ると、忍もまた胸がときめいた。
そして忍が久し振りに作曲をすることで悩み始めると、主人公は持ち味であるはっきりした物言いで忍の背中を押し、忍は前向きに作曲に取り組む事ができた。
しかしそんな時、なんと主人公と成海が買い物をしているところを週刊誌に撮られてしまった。二人の顔がハッキリとはわからなかったものの、その噂で気持ちがもやもやする主人公はついに成海に告白することにした。絶対に振られるとは分かっていたが、このままうやむやにするよりも前に進みたいからだった。
忍は主人公が傷つくのが可哀想で反対したが、それを振り切って成海に告白すると、やはり成海はまだ初恋の子に失恋をしたばかりで恋はできないと断られた。しかも成海は「君を笑顔にして幸せに出来るのは俺じゃない」と、主人公の心にいる他の人のことを言った。
それでもやっぱり初恋だった成海への気持ちが終わってしまったことには変わりなく、主人公は悲しみを打ち消すために一人夜の街へ彷徨った。クラブで慣れない酒を煽り、ヤケになる。泥酔し男に声をかけられ危ない目にあいそうになるが、心配した忍がいち早く駆けつけ、主人公を助けに来てくれたが、なんと主人公は気持ち悪くなって吐いて倒れてしまった。
醜態を晒した主人公だったが、忍は汚れた主人公を部屋に連れて行き着替えさせて寝かしてくれた。酔いが覚め恥ずかしさがこみ上げる主人公だったが、それでも忍は成海とのことで傷ついているだろうと優しかった。その優しさにまた悲しみがこみ上げる主人公は、成海を忘れさせてほしいと忍に頼む。後悔はしないのかという忍に対し、どうしても寂しさを埋めてほしい主人公は、忍に抱かれた。
その後、主人公は忍のおかげもあって成海に対して少し吹っ切ることもでき、ギクシャクもせず今まで通り楽しく仲のいい二人としてやっていけた。しかしそれとは逆に、何故か忍は主人公を避け始めていた。それは時間が経つほどひどくなり、誰から見ても避けているのは分かるほどだった。
ずっと優しかった忍。色んなことを頼っていたし、一緒にいて楽しかったし、そばにいるのが当たり前になっていた。そんな忍に避けられた今、とても寂しいという気持ちが胸に宿っていた。その気持ちがまだなんなのかはハッキリしないものの、このままでは嫌だと思い、ついに忍に何故避けているのか啖呵を切るが、忍はすまないの一点張りでちゃんとした言葉わからなかった。
数日後、主人公は仕事で京都に来ていた。するとなんと偶然に忍の実家である黒沢亭という老舗の料亭でご飯を食べることに。しかもなんと偶然実家に帰って来ていた忍と再会したのだった。気まずさが残っている二人に御構い無しの忍の姉の「雅」が、二人の間を取り持ち、ちょうど開催される夏祭りに二人で行って来なさいと無理矢理浴衣を着せてくれた。主人公は久し振りに忍とそばに居られることに喜び、二人は夏祭りへと向かう。海外暮らしが長い主人公は初めての祭りにはしゃぎ自然と笑顔になると、忍もそれに癒され二人は以前のように楽しく振る舞えた。そしてついに忍は「避けていてすまなかった」と、本音を話してくれた。
忍は主人公と体の関係になったことを後悔して避けているわけではなかった、むしろその逆で深い関係になってから主人公を見るとまた触れたい衝動に駆られてしまうため、嫌がられると思い避けていただけだった。そんなことで、と、主人公は驚くけれどそれ以上に嬉しく思い、忍もまた嫌うどころか逆に好意を持っていることを口にしようとしたが、その時目の前に現れたとある人物のせいで二人の会話は終わる。
ゆらりと色気をかもし、上品に佇み、綺麗な簪を指した女性。
その女性はなんと、忍の初恋の人だった。
佳乃香と言う名のその女性を前に忍の態度はおかしくなった。佳乃香が目の前から去ってもなおおかしい忍に問いただすと、忍はゆっくりと過去の話をしてくれた。
中学三年生の頃出会った10歳上の芸者の佳乃香。家を継ぐために家の手伝いをしながら妹の世話をし、何も楽しみがなかった忍に初めて女を教えてくれた人。自由でわがままで色気があって、その人の全てに恋をしていたが、ある日突然いなくなってしまった人。
忍は佳乃香に心を囚われたまま生きていたが、それを癒すかのように音楽に没頭し、そして何より今は主人公に目が離せない。だからこそ、もう乗り越えたと思っていたのに動揺した自分に驚いていた。
けれど次の日また佳乃香に再開した忍は自分の口でちゃんと主人公が大切な人であると伝えることができ、過去から解放された。
何も知らない主人公に対し「新曲ができたら一番最初に聞いてほしい。そしてお前に告白する。」と言ってくれ、主人公は驚いた。
告白宣言を受けてから、主人公は自分の気持ちと向き合い、忍のことを好きになっていることを自覚していた。
その後忍の父が倒れたと勘違いし、黒沢亭を継ぐと言いだした忍がアッポリを辞める宣言をしたり、ケジメをつけるために髪をバッサリ切ったりもしたが、結局家族は忍が音楽を続けることを応援しているため、忍はやっぱり自分の居場所はアッポリなんだと再確認できた。
過去に超えられなかった「百瀬ひろと」の呪縛は、アッポリという自分だけの場所を見つけたことにより、やっと解放されもした。
そしてアッポリと主人公はグリララのハロウィンライブでどちらも大トリとして歌えることになり、めでたいことになったが、まだ肝心の告白は聞けていなかった。その理由は、グリララが大事な主人公を忍に取られるのを邪魔しているため、中々二人の時間が作れなかったから。
そんな日々が続き、ついにハロウィンライブの前日のリハーサル。息を切らし走って来た忍はようやく主人公と二人きりになれたことで「告白させてくれ!」と言い、「好きだ」と抱きしめてくれた。そして主人公もまた「私も大好きです」と抱きしめ返した。
恋人同士になった2人は、ハロウィンライブの当日にステージの上から想いをのせる。この場所が自分の居場所。そして愛する人とずっと、共にいたいと。
エンドロール後は、忙しくて中々忍に会えない主人公が、キャパオーバーして忍の家に泊まる様子。すっかり忍に甘えん坊になった主人公は忍にくっついて、ご飯を食べさせてもらって、コーヒーを入れてもらう。お風呂上がりには髪を乾かしてもらい、甘くキスをして、酔いしれて朝を迎えた。先に目が覚めた主人公はアッポリの記事が載っている雑誌に目を通す。すると忍のインタビュー記事に、作曲をする際に支えてくれた人がいたから乗り越えられたという文を見つけ、胸を熱くした。少しでも自分が忍の力になれたことに嬉しくなり、寝ている忍の腕にまた甘えてすり寄った。

(エンド2~夢の跡先~)
エンド1のエンドロール後から変わる。
ハロウィンライブが終わってすぐの打ち上げで、2人きりになると忍は改めて告白をしてくれる。誰かを忘れさせるのではなく、俺自身の腕で抱きたいと言ってくれた忍に、主人公も自分の気持ちの大きさを伝えたいと返した。
その後2人は順調で、天城家でみんなで騒いでる時も皿洗いをし、忍がそれを拭くという作業が余りにも自然なので成海が「新婚さんみたい」というと他のメンバーたちも主人公たちをからかい、楽しい日々が続くようにと、終わる。

(エンド3~未完成のメロディ~)バッドエンド
忍の父が倒れたところから分岐。
父が倒れ、黒沢亭を継ぐことを決意した忍は、アッポリを辞めた。主人公は忍を説得しようと京都まで行ったが、お前への気持ちも諦めると言われ、忍が作っていた曲も結局作られないまま終わった。
その後、忍が抜けたことでガタガタになってしまったアッポリは休止。成海と有紀はアメリカへ行き、夕星は行方知らずになってしまう。
主人公はいなくなって初めて忍への気持ちが大きかったことを知り、その気持ちを込めた失恋ソングを歌うと大ヒット。それを糧に一人暮らしを始めた。たまにくる成海からの電話で忍が料亭を継ぎ、縁談が持ち上がり受けるという噂を聞いたが、主人公はそれでもこれからも忍を想う曲を作り続けると夜空に誓い、「黒沢さん、好きでした」と届かない気持ちをつぶやいた。