元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

カフェキュイエール「四条 涼介」

●四条 涼介/シジョウ リョウスケ(cv石川界人さん)
主人公のクラスメイトで、東雲の次にモテると言われてる美男子。有名な老舗の和菓子店「桃栗庵」の息子。頭も良く、真面目だが無愛想な上にストレートな物言いなので友達がいない。




~ネタバレ~
(スイートエンド)
クラスメイトの涼介はとてもモテるのだが、下駄箱に入っているラブレターは破り捨てるし、告白もバッサリ断る少し冷たい存在だった。主人公に対しても何かと気にしてくれてはいるものの、言い方が冷たいためにそんなに仲良くはなれていなかった。
しかし偶然キュイエールで共にバイトをするようになり、涼介の事をもっと知ることになる。実家は和菓子店なのにパティシエになりたいと思っていること、そのための努力は怠らず常に頑張っていること、きつい言い方だけどちゃんと教えてくれること。そんな彼とのアルバイトはいつしか楽しくなったし、涼介が一生懸命教えてくれたりすることで、樹への気持ちも薄まって行った気もした。
仲良くなって行くうちに、樹に憧れていたが振られてしまったことを涼介に話すと、それでも夢は諦めない姿勢を認めてくれて、そんな涼介のおかげで本当に樹のことは吹っ切ることができた。
しかし修学旅行でなんと急に涼介は主人公を好きだと告白して来た。しかもそれはずっと昔からで、早く自分を思い出して欲しいと言った。涼介は実は主人公が幼い頃、パティシエを目指して遠くの食材店に何度も出かけていた時に出会っていた男の子だったのだ。その頃涼介は家の和菓子店を継ぐために和菓子職人になりたいと夢を持ち頑張っていた時であり、同じく幼いのにパティシエを目指していると話す主人公に好感を持ち初恋をしていた。しかし何度か話すもののそのお店が潰れてしまい、そこから何年も会わなかった。
だが、運命かのように高校で再開した二人。主人公はその男の子と涼介が同一人物だとは気づかなかったが涼介はすぐに気づき、しかも未だに夢を諦めていないことを知りもっと好きになったという。しかし中々自分を思い出してくれなくていじらしく、卑屈になって言い出せずにいたし、主人公に意地悪なようなことも言ってしまっていた。
ようやくあの男の子と涼介が同一人物だと気づいた主人公は嬉しくなり、そして今自分も涼介を好きになっていると気づく。
しかし、何のいたずらか主人公の親友の葵が涼介を好きかもしれないということがわかってしまう。葵の家は有名な老舗呉服店であり、昔から家族ぐるみで付き合いのある和菓子店の四条家の長男と許嫁の関係にあることがわかったのだ。しかも葵がいうにはその許嫁のことをただの許嫁ではなく本当に好きになったと言う。
葵が好きだから傷つけたくなくて自分の気持ちに嘘をつく主人公は、涼介に「付き合えない」と言った。これでいいのだと納得させるものの、二人はギクシャクし最悪な関係になってしまった。前はもっと楽しくて、一緒にいると幸せだったのに‥。
そんな辛い関係を感じつつも葵のためだと普通を装うが、なんと葵から聞いた言葉に驚愕する。自分の許嫁は四条家長男の「栄介さん」だということ。そう、なんと涼介は兄があり、次男だったのだ。
完全に一人で勘違いした主人公だったが、本当のことを言うと葵を傷つけると思い黙っていたが、涼介への気持ちが抑えきれず涼介に対し本当のことを話した。勝手に勘違いしたことを誤る主人公に対し、君は優しいからだと言ってくれ、もう一度告白をしてくれた。
クリスマスの日にお互いが手作りお菓子をプレゼントしあう二人。そして主人公はようやく涼介に「好き」と返事をすることができ、二人は晴れて恋人同士になれた。
そして年明け、葵と栄介とのダブルデートならぬダブル初詣をし、なんだかんだで兄弟もうまくいきそうな幸先のいい一年。涼介の家にお邪魔し、涼介が何度もキスをしてくれ、お互いの気持ちを伝え合って幸せに微笑んだ。