元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

カフェキュイエール「東雲 景太」

●東雲 景太/シノノメ ケイタ(cv岡本信彦さん)
主人公の同じクラスで隣の席の男の子。顔も良くて頭もいいので「付き合いたい人ナンバーワン」と言われるくらいモテるが、本人のガードは堅い。優しくて気もきく。



~ネタバレ~
(スウィートエンド)
女子の人気が絶大な東雲。そんな彼とは隣の席であったとしても今までそこまで仲良くはなかった主人公。しかし東雲が大の甘党であることが分かり、パティシエを目指す主人公と意気投合することから仲良くなった。しかも主人公が片想いする樹に恋人が出来、失恋した時も東雲の励ましによって夢を諦めずに済んだ。
更に樹の店であるキュイエールのアルバイトをすることになった主人公だったが、永瀬からイケメンの男子高生をアルバイトに誘えと言われ、それならば甘いものも好きでイケメンである東雲を誘ってみようと思ったところ、東雲はすぐにオーケーしてくれた。
晴れて共にバイトをすることになった二人だったが、学校でモテてなんでもそつなくこなすと思っていた東雲はなんと予想外にもおっちょこちょいだった。中々仕事も覚えられず失敗ばかり。バイト仲間の四条にも「役立たず」と罵られる始末。不憫に思う主人公だったが、めげない東雲は影でたくさん努力していた。それをみた主人公は東雲の頑張る姿に励まされ、今まで以上に彼への好感が上がった。
一緒にアルバイトを頑張り、励ましあったりし、甘いものが好きで、押しに弱くてなんだか似てる二人は、共にいる時間が増えれば増えるほどお互いを好きになった。東雲のおかげで辛かった樹への気持ちも薄れてきたし、主人公はこのまま東雲とずっと一緒にいたいと思えるようになった。
しかしそんな時東雲の幼馴染のミナという女の子が現れる。ミナは東雲の一つ年下で、美人のモデルの女の子。東雲とは幼稚園からの付き合いのためとても仲が良く、周りからは彼女だと冷やかされた。主人公は浮かれていた気持ちも束の間、目の前の美女の存在に意気消沈してしまった。
しかもミナが幼稚園の頃に東雲とキスをして結婚の約束をしたと言う話を勘違いし、二人は今でも付き合っていると思った主人公はショックを受ける。誤解を解こうとする東雲を突き飛ばし、傷つけてしまった。
しかもそのことを樹に相談した時、主人公が泣き止まなくて樹の胸で泣いていたのを東雲が見てしまう。勘違いする東雲を追う主人公だったが、こちらもまた振り切られてしまう。
同じような事で同じような勘違いをする二人は、すれ違ってばかり。本当はどちらもお互いのことが好きなのに。
主人公が風邪をひいて休んだことをきっかけに冷静になった二人はようやくアルバイト後に時間を作り、気持ちを打ち明けた。ずっと好きだったと言ってくれた東雲に対し、自分も好きだということ。樹と抱き合ってたのは東雲の事を相談したからだという事、東雲もミナとのことも何もないただの幼馴染だという事も。それでやっとお互いの気持ちを分かり合えた二人は晴れて恋人同士になった。
その後自分の両親に東雲を紹介したり、東雲の家族にも紹介してもらえた主人公。出会った頃はまさかこうなるとは思わなかったと語り合う二人は、幸せそうにキスをしてラブラブして終わる。

(ハッピーエンド)
主人公が風邪をひいて2日休んでから分岐。
風邪がすっかり治りキュイエールに顔を出した主人公に、やっと素直になれた東雲が告白をしてくれ、主人公も自分も同じ気持ちだと答える。
その後クリスマスイブにキュイエールのバイトをし、忙しい中でも恋人らしく一緒にクリスマスケーキを食べたりも出来た。
年明けになると二人で初詣に行き、おみくじを引くスチル。二人とも中吉で、恋愛運は焦らずゆっくりと書いてあったため、二人でゆっくり進んでいこうと幸せそうに微笑んで終わる。