元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

イケメン戦国「織田 信長」

●織田 信長/オダ ノブナガ(cv杉田智和さん)
天下統一を志す、冷血無敵の戦国武将。その戦い方は血も涙もないと言われ、鬼や魔王と呼ばれている。主人公がタイムスリップしたことにより歴史を変えてしまった重要人物。




~ネタバレ~
(戦国エンド)
偶然に戦国時代にタイムスリップしてしまった主人公と佐助。二人は別々の時と場所にタイムスリップしてしまい、主人公はなんと燃え盛る本能寺に来てしまう。更に本来は死ぬはずだった織田信長を助けてしまい、歴史を変えてしまった。
信長を助けたことにより、信長に「幸運を呼ぶ女」だと気に入られ、信長のそばに置いておかれることになったわけだが、信長という男は人から鬼だと恐れられる冷酷な男。天下統一のために人を殺すことをためらわない恐ろしい男だと思われていたが、そんな信長と過ごすうちに彼の志や冷血になる意味を知る。
佐助の情報で3ヶ月後にまたワープホールが現れるため、その時現代に帰られることを信長に話すと、信長は囲碁の勝負で勝てたら貴様を手放してやろうと約束してくれた。しかし負けるたびに主人公の体の一部を自分のものにするという。結局何度も囲碁には負け、そのたびに腕や耳や足などを自分のものにする信長は、その箇所に甘く口付けた。その妖艶さに惑わされつつあるものの、信長は約束通りそれ以外の場所には決して触れなかったし、主人公の膝枕に安心して眠る姿はいつもの雰囲気と違って愛らしいものでもあった。
そして信長が天下統一を志す理由は、戦をなくし人々が自由に暮らせる日本を作りたいからだと知る。その為には今戦うことが仕方ないことであり、そのために人を殺し悲しむことに蓋をしたため、冷血でいなければならなかった。
しかし主人公と出会い、愛しさを知った信長は主人公を悲しませたくなくて血に汚れた手を必死で洗う。とても冷たくなったその手に触れた主人公は心が痛み、その手を温めたいと思えた。何も安らぎがなく、人々のために心さえも無くしてしまったこの人の側にずっといたいと。
信長と離れたくないことと、愛していることを告げた主人公に、信長もまたずっと同じことを思っていたと胸を熱くし、二人はようやく口付けを交わした。このままずっと戦国に留まり、信長のそばを離れないと誓い、二人は幸せに微笑む。
しかし歴史を変えてしまったことにより、その歴史を戻そうとする力により強制的にワームホールが主人公のそばへとやってきたのだ。信長と二人どうにか逃げようとするものの、容赦なくワームホールは訪れる。必死に逃げていた信長は決心したかのように、主人公をワームホールへと押し出した。お前だけは生きて欲しいと。自分は本当は死んでいた運命だから逃れられないのだと。だからこそ貴様を巻き込みたくない、一人でも生きて欲しい愛しているから。そう言う信長の頬に涙が一粒流れた。初めて悲しいという気持ちを感じた。主人公が拒絶するものの、ワームホールに飲み込まれてしまった‥。
目がさめると現実世界で病院にいた。3ヶ月行方不明になっていたといわれ、そして傍になんと佐助もいた。戻ってきてしまったことに絶望するがなんと佐助いわく3ヶ月後にまたワームホールが現れるというのだ。決意する主人公は3ヶ月、また佐助と戦国時代に飛ぶ。
また目がさめるとなんと目の前には信長がいた。嬉しくて抱き合う二人。そして信長は主人公がいなくなった後佐助からの手紙を預かっていたのだという。そこには3ヶ月後にまたワームホールが現れること、そして歴史を変えなければきっと一緒にいられることが書いてあったらしい。そう、信長は死んだことにし、歴史を曲げないことにした。秀吉に後を継がせ、自分の墓を建て隠居し主人公を待っていたのだ。そこまでして主人公を待っていてくれたことに喜び、そしてついに二人はようやくほんとうに離れずにいられることになった。
もう何も心配がなくなった二人は天守で安土の街並みを見下ろし、もう離れないと口付けを交わし幸せに微笑んだ。

(現代エンド)
上杉謙信の軍との戦の最中、謙信により人質にされてしまう主人公。単身で助けるためにきてくれて信長は謙信と刃をかわす。しかしその時ワームホールが現れ、無理矢理主人公を現代へと戻そうとしてきた。絶対に手を離さないと主人公を抱きしめる信長だったが、なんと主人公はワームホールに引きずり込まれてしまう。離れたくないと手を伸ばすとなんと、信長は主人公を追いかけワームホールに入ってしまった。驚く主人公に「絶対離れないと言っただろう」と笑う信長。その想いに主人公の頬に涙が伝った。
そして二人は現代へ。主人公がワープした場所、本能寺跡地に到着した。しかも日にちはワープした次の日になっており、1日しか時は経っていなかった。
甲冑のまま現れ目立ってしまう信長を自宅へ招き、これからのことを話すと、信長は相変わらずどっしりと余裕をもった顔で、いずれまたワームホールが現れるだろうからその時に史実通りに動けばきっともう二人が離れることはないだろうという。だから今はこの泰平の世でゆっくり休み、二人の時を過ごそうと話し合う。そして町の探索をしたいという信長に、主人公が昔作っていた男物の服を着させるととても似合い、主人公は心から微笑むと、その表情を見て気が変わったという信長は散策をやめて主人公を堪能するとキスをし抱きしめた。