元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

罪喰い~千の呪い、千の祈り~「永海 連」

●永海 連/ナガミ レン(cv赤羽根健治さん)
主人公を助けてくれた謎の美青年。そして、一千年前に世羅の従者をしていた連記の転生体。世羅が亡くなってから世羅を支えるために共に転生し続けている。



~ネタバレ~
世羅姫の転生体であった主人公だったが、なぜか記憶がなかった。しかし死の淵に立たされ上樹の者になってしまったため、生きるために罪喰いの儀をしなければならなくなる。
そんな罪喰いの儀の方法を教えてくれたのが連だった。なにも知らない主人公に過去のことやこれからのことを教え、そして世羅の従者であったため今の主人公の従者として寄り添うという。それは宣言した通り、自分の命に代えても主人公を守り、大切にし、優しかった。しかしその反面、何かを隠していることも多く、そして主人公にはとても優しいのに主人公以外の人間はクズともいうくらいに見下している様子がうかがえた。
更に罪に慣れていない主人公が罪喰いの儀を行うととてもひどい痛みや気持ち悪さに襲われるため、それを「調整」してくれる連。その調整の方法は人間でいう「キス」と同じ触れ合いだったため、最初は戸惑う主人公だったが連を信頼するにつれその調整に違った戸惑いと心地よさを感じていた。
世羅の婚約者である守人が現れてからも、記憶がない主人公は守人をどうしても受け入れられず、むしろ今までずっと寄り添ってくれた連の方を信頼していた。
連はいつも「大好きだよ」「可愛いよ」「世界で一番君が大切だよ」などと甘いセリフを言った。しかしそれは「従者」として。いつも最後には「従者だからね」といった。甘い言葉に翻弄され、毎日毎日砂糖漬けにされ、その甘さに中毒になりもっと欲しがるが、スッと一線を引かれる、そんな感覚。連を近くに感じれば感じるほど、その行為がじれったく、胸を痛め始める。
そしてそれが恋だと気づいた。
連は人の記憶を消す術を持っていたため、この恋心さえも消されてしまうかもしれないと感じる主人公は、その前に気持ちを伝えたかった。意を決して「連が好き」だと伝えると、驚き震える連は我慢ができず主人公を抱きしめ「俺も君を愛してる、けれど受け入れられない」と言った。その言葉に何故か激しく頭が痛くなり、失神してしまう主人公。
そして連と世羅様との出会いの記憶に遡る。
一千年前、生まれてはならない存在として生まれた連記。それは世羅の叔母と、守人の父百夜との間に生まれた子だったから。敵対する両家で、しかも妻以外のものとの間に出来た子である連は生まれてからずっと牢屋に入れられていた。
それを不憫に思っていた世羅はたびたびそこに現れ、連は嬉しくて姉様と慕っていたがそれは恋心に変わった。一方腹違いの兄である守人も連記を不憫に思い、よくそこに通い、連記もまた兄様と慕っていた。しかし連記が大きくなるにつれこんなところに閉じ込められているのは何故なのかという理由に気付き始めると、自分の立場が虚しく、そして自由である守人を妬んだ。更に唯一信頼してる守人と愛しい世羅が婚約した話を聞くと、もう我慢はできず守人が憎くて憎くて仕方なかった。
ついに牢から出してもらえた連だったが、力の強かった連は世羅の従者となった。気持ちを知らない世羅は弟としてとても可愛がってくれたが、ただ好きな人が結婚するのを側から見ていなきゃないのは辛くて辛くて死にたかったくらいだった。
そう、連はずっと一千年も世羅を愛していた。だけど今は世羅ではなく別の人格の主人公を愛してしまった。でもそれは許されない、前世のあの事件をまた起こしてしまう。
その前世にまた、深い理由があった。
特に曖昧に教えてもらえなかった主人公の前世。実はなんとそこで連と前世の世羅の転生体は結ばれていたのだ。喰いたくない罪を喰い続けることに疲れていた世羅は、ただ見守るだけの守人が段々と憎くなった。何故自分だけが?という気持ちとただ傍観してる姿が憎らしい。だったらずっと寄り添い続けてくれてる連の方がよっぽど愛おしいと。そう思ってから連を愛するまで時間はかからず、連と世羅は結ばれてしまう。しかしやっと結ばれたのに世羅はもう「諦めた」と言い、連を刺し殺そうとした。好きな人と結ばれた今もう悔いはないと、このまま転生せずに消滅したいと願う世羅は連を殺して自分も魂まで死のうとしていたが、それを連に阻止された。愛してるからこそ幸せになって欲しいから、魂が消滅する前に世羅を刺し、記憶を消し、来世では何も知らない記憶を持たない転生体として守人と幸せになれるように。
それが本当の前世だった。
そして主人公はその前世の記憶を思い出してしまった。ずっと痛かった頭痛も消え、世羅と融合するが今の自分の記憶も気持ちも買えなかった。思い出してしまったことで連はまた記憶を消そうとしたが、主人公はそれを阻止し「諦めない」と言った。そう、前世の世羅は諦めると言ったのに、主人公は諦めないと真逆のことを言った。そんな主人公に涙を流す連は覚悟を決め、主人公と共に歩む決意をして抱きしめ愛を囁き続けた。
しかし世羅を狙っていた陸により、連は攫われてしまう。それどころか千夜により術をかけられた連は巨大な力を持ち鬼の姿に変わってしまった。自我を失った連は千夜を殺し、至央も瀕死の状態になった。そして更に上樹の家へやってきて、屋敷を荒らし上樹の者たちを破壊し始める。主人公のことも分からない連に、主人公と守人は呼びかけ続けると少し意識が戻り、自分の姿にショックを受ける連はそのままいなくなってしまう。
連が向かったのは世羅の素体があるあの場所。あの姿になってしまった今、一人で素体を破壊し主人公を自由にしてあげようとしていた。しかしそんなことをすればきっと力の反動で連は死んでしまう。
連を助けるため、二人で生きるために連の元へ向かう主人公。至央から術を壊すには腹にある術の埋め込まれた場所を壊せと言われ、それを狙う。しかし意識がおかしくなっている連はやはり主人公を狙ってきて、中々術を壊せない。しかし素体が入っている水晶に連が攻撃していたためヒビが入っており、一か八かそこを目指し素体を壊そうとする主人公。刀を思い切り刺すと、力の反動で激痛により死にそうになる。けれど願った、連との未来を。
するとついに世羅の素体は壊れ、主人公に世羅の力が入り込んだ。自我を失わなかった主人公はその力を込めて連の腹を刺すと、ついに連は元の姿に戻り、魂を回復するためにキスをする主人公は連をお姫様に例え、「お姫様は王子様のキスで眼が覚めるんだよ」と微笑んだ。
そして五年後、二人は平和に暮らしていた。桜子という可愛い子供が生まれ、3人はピクニックをする。そこには勝手にいつも訪れる守人と至央の姿もある。お邪魔虫である二人を疎ましく思いながらも、桜子はどうしてか二人にとても懐いてる。守人は世羅を失い新たに生きる希望として桜子をとても可愛がっているようだし、家族の愛に飢えていた至央もまた桜子を妹かのように可愛がっていた。そんな3人がワイワイするのを見つめる主人公と連は本当に幸せだと肩を寄せ合い微笑んだ。