元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

猛獣たちとお姫様「ifエンド」

●魔術師までクリアするとオープンするifエンドのネタバレと、色々と纏めたエンドのネタバレです。



~ネタバレ~
「ifエンド」
塔に閉じ込められている主人公だったが、本編とは違って謀反も起きず、誰も傷つかないルート。
いつも通り動物たちと穏やかに暮らしていた主人公だったが、塔の中で虹色の粉を使ってしまい動物たち全員が人間になった。しかも一度使っただけで動物に戻らないままの様子。
人間の姿で暮らし始めるもヘンリクにすぐばれ、その後生きている王様(主人公の父親)が塔に訪れてくれる。そしてリシャルトの顔を見た瞬間アルウスの王子だとすぐに気づいてくれ、アルウスの王様にすぐ連絡してくれるためアルウスの王様も亡くならない。
その後魔術師がアデーレとマレクを引き連れ、主人公の中に竜がいることを説明してくれ、なぜこの塔にいなくてはならなかったのかを教えてくれた。そしてその上、ひたむきな主人公に惹かれたため、竜を消す方法をみんなで探そうと言ってくれ、しばらくは塔の中で全員で暮らすことになる。なのでアデーレやマレクとも仲良くなれる。連絡を受けたイグナツィやバルトルトも塔に現れ、わいわいと楽しい時を過ごすものの、こんなにしあわせでいいのかと、これは夢なんじゃないかと不安になる主人公はみんなで楽しくハイキングをする夢を見て終わる。
その後のお話はまた別の話‥というような大団円のエンド。
ちなみに続編でその続きがプレイ出来るようになったことが発表されている。



「いろいろなまとめネタバレ」
☆各エンドによって、主人公のその後の立ち位置が変わる。
リシャルト→アルウスのリシャルト王の王妃。
ルドヴィク→ヴェークの女王。
ユゼフ→ピスキスの民。
ヘンリク→ヴェークの王の王妃。
魔術師→森の中の魔術師の隠れ家で暮らす。

☆バルトルトは、前作の「猛獣使いと王子様」の攻略キャラたちの父親。